■信仰の種/マルコ4:30~32

この世で一番小さい種と言われる「からし種」、実に小さいのである。 まるでノミの糞の様。 だが、この種になぞらえてイエスさまは信仰を語られた。 マルコ4:30~32 「からし種は地に蒔かれる種で最も小さい。だが、それが蒔かれると、成長してどんな野菜よりも大きくなり、大きな枝を張り、その陰に空の鳥が巣を作れる程になります。」 信仰とは人の心にあるもので、大きいか小さいかは一見しても判断できない。 だが、それは神の国を信じて期待することの証拠の様なものでもある。 大きい信仰の筈だったが、実際はノミの糞以下だったりすることだってある。 無い、と思っていた信仰が、時として目を見張る程の大きな山にさえ思える。 聖書の神が為さることを人は想像も出来ない。 だから、聖書の神はユニークで、ダイナミックでユーモアのある方なのだ。 ユーモアの分からない人には、イエスを理解出来ないかも知れない。 神学や哲学でイエスを知ることは出来ないだろう。 イエスに関する神学は書けても、ユーモアたっぷりのイエスには出会えない。 信仰の種は「有ること」が肝心であって、大きい、小さいは別問題である。 「樋口信平先生」が書かれた文にこういう箇所があった。 (私一人で読むだけでは大変勿体無いので、皆さんにもお分かちしたい。) 『多くの人々に宗教はあるが、信仰は無く、信条はあるが信仰は無い。 彼等は神に対する本物の、行動的な信頼は無いのである。 信仰は私達が信仰を行動に移すことに始まる。 小さい信仰であっても本物だったら大きいことをする。 大切なことは、私達が沢山のことを信じるか否かではなく、信仰の対象をしっかり掴むというこ

■シャデラク、メシャク、アベデ・ネゴ/ダニエル書3章1~8節

メソポタミヤにバビロ二ヤ帝国が立ち上がった時点で、ユダ王国にとって大いなる北の脅威となった。 バビロンにとって代わる前のアッシリヤ帝国が北王国イスラエルを滅ぼして約135年後だった。 数えきれないユダヤ人が捕虜として連れて行かれた。 若くて頭脳優秀な人々、特殊な才能、技能を持つ人々であった。 彼等は生きることだけを希望の灯と信じ、時として故郷のシオン(エルサレム)を思い出しては泣いた、と聖書にある。 エレミヤという預言者は70年が満ちる頃、主が彼等を再び故郷へ帰還させると預言した。 慣れないことだらけ、言葉、風習、食事、最も肌が合わなかったことは、礼拝する対象が全く異なるものだった。 バビロン於いては王自身が神であり絶対主であった。 目には見えない「御霊」なる神、ヤハウェだけが先祖代々からヘブル人の神であった。 十戒の一番と二番。 「あなたには、わたしの他に他の神々があってはならない。」 「あなたは自分のために偶像を造ってはならない。」 律法の「イの一番」に登場する言葉は、彼等にとって苦しく重い十字架であったに違いない。 [詩篇137:1~5] 「バビロンの川の畔、そこで私達は座り、シオンを思い出しては泣いた。 その柳の木々に私達は立琴を掛けた。 それは私達を捕え移した者たちが、そこで私達に歌を求め、 私達を苦しめる者たちが、饗を求めて、 シオンの歌を一つ歌え、と言ったからだ。 私達がどうして、「異国の地」にあって「主の歌」を歌えようか。 エルサレムよ。 もし私がお前を忘れたら、私の右手がその巧みさを忘れるように。」 辛く悲しい詩である。 仮に私が捕虜でないにせよ、胸に迫るもの

■獅子の口から私を守る方/ダニエル書6:10~28

「王よ、今から30日間、この国においてあなた以外にいかなる神にも人にも祈願する者は誰でも獅子の穴に投げ込まれるという禁令に署名されましたね?」 王は答えた、「その通りだ。取り消しの出来ない法律であることは確かだ。」 そこで彼らは言った。 「王よ、ユダヤから来た捕虜のダニエルは、あなたの署名した禁令を無視して、日に三度祈願をしております。」ダニエル書6章13節 それを聞いた王が瞬間、顔色を失ったと思える場面。 捕囚のひとりではあるが、ペルシャにおける政治的要職にあり、王の片腕として偉才を見せたダニエルは窮地に落とされた。 しかもダリヨス王、自らが署名捺印した「礼拝禁止令」によってである。 「このことを聞いたダリヨス王は非常に憂え、ダニエルを救おうと決心し、日暮れまで彼を助けようと努めた。」(ダニエル書6章14節) 結局、自分がした事ではあるが、彼の人生においては、あまりにも軽率で先を考えない失策だった。 思い直せば部下たちの卑怯な魂胆を見抜けなかった自分がいた。 禁止令の条文の軽さの反面、厳しい結果を伴うことは、浅はかな自分の対応だったのだ。 それにしても、ダニエルにとって自国でもないこの国を統率すべく、誰よりも忠実に仕えてきた可愛い部下を、何としても見殺しには出来ない。 殺させてなるものか、王は焦った。 だが、考えれば考える程に、禁令に抜け目のないことが明らかになった。 あらん限りの救いの方策を探ったが、浮かばなかった。 その者達はやって来た。 「王よ、あなたが制定した、どんな禁止令も決して変更されることは無いことをご承知置き下さい。」ダニエル書6章15節 遂に王は命令を出した

■いつものように。。。/ダニエル書6:1~14

クリスチャンとして信仰に入ってしばらくの後、必ず導かれるのは聖書への取り組み。 黙想、祈り、瞑想、聖書を聴く。 これが私達の食事となる。 肉として生きるのではなく、霊性を養われることが第一であるからだ。 問われるのはC・信仰をどの位置におくべきか。 棚の上? 机の引き出し? 買い物籠とかブリーフ・ケースの中? 頭の端っこ? すべてブーである。 当初は知恵を貰うためと思った。 幾年も過ぎてから聖書は絶えず考え、口ずさみ、呼吸するが如く必要不可欠だと分かった。 人は意識せず呼吸し、自然に食事して生きる。 同様に聖書、神のことばを忘れて霊性を保つことなど一日として無い。 これは事実である。 神の言葉は力であり、信頼であり、教書であり、過ちを悟らせ、悔い改めを促す。 自分の霊性が健康な時は、とても味わい深く、美味しいものだ。 一旦、神に反抗しているときは、やたらと鬱陶しい存在にもなる。 聖句は苦く、苦く吐き出したい程だ。 人間とは各も簡単に寝返ってしまう者であり、そしてキリストに愛された者なのである。 何年も何年も人は聖書と格闘する。 それは或る意味、自分の中のキリストと格闘しているのである。 そのことさえ、しばらくは気づかなかった。 乳児から幼児へ、児童から生徒へ、そして学生へ。 ずっと反抗期だったかも知れないし、今から後も。 人間の肉体的成長の方がはるかに短時間かも知れない。 人間なら40歳では間違いなく?立派に大人になるであろうが、聖書の前でそうは行かない。 自分は大人になっている積りでも、キリストの前では幼子、反抗期、まるでティーンエイジの如くである。 つまり、キリスト者は何歳

■集中/ヨハネ8:19~34

今日まで生きて来て、今回ほど不思議な体験はなかった。 確かに与えられた聖書箇所からのメッセイジを想い、タイトルを思いを巡らしていた。 教会に分かち合いたいことは沢山あった。 そして、いきなり「メッセイジ・タイトル」が降りてきた。 『集中』の二文字、これは主からのものだった。 取り組んでいた聖書箇所には、何となくそぐわないと感じたが『集中』と決めた。 そして先週の或る日、いきなり「五 七 五」の句が降って来て驚いた。 一句「ひねろう」とも思わなかったのに・・・何故だ? 「語られて 知るは己の 不信仰」自分にぴったりの5 7 5だった。 聖書とは読み取る時があり、聴くべき時があり、探し求める時がある。 すべて、どういう時でも共通して大切なことがある。 それは語られる方を期待して待つ、静まって待つ、心を低くして待つということだ。 決して、自分が先に立たない様に。 自分が走り出さないように。 『みことば、打ち開くれば 光を放ち 愚かなる者、悟からしむ。』(詩篇119:130) 主がみことばを開いて下さるのであって、私が勝手に読み取るのではなない。 「あなた方はわたしを捜すけれども、自分の罪の中で死にます。」イエスがユダヤ人に語られた。 私達とて、この身体のどこでイエスを考えても、イエスを捉えきれない。 頭でイエスを考えてもイエスは分からない。 頭で考えるから分からない。 信仰は心と腹だ、つまりはらわたである。 決心は頭でするのではない。 心である。 イエスを受け入れたら、「信じる」という意味が分かる。 見ようとしても見えない方、見たことも無い方を、人はどうしたら信じられるのか? それは

最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2016 by Choufu Minami Crist Church . Proudly created with Wix.com

  • Facebook Social Icon