■主題「ビフォアー・アフター」からの要点 / ヨハネの福音書8:29~47

皆さん、この主題は家のリフォームとか整形のことを指すのではありません。 私たち人間の魂と心を考えて見ました。 イエスさまを受け入れる前、すなわち新生する前の自分をビフォアー、そしてクリスチャンとなった今をアフターと呼んで見ました。

しかしアフターであっても、私たちの弱さは存続します。 勿論、以前に比べたら格段の向上はあるのです。以前考えてもみなかった対人関係、家族との関係、そして神さまに赦されている今の自分との出会い。 赦すことの難しさを知り、人間の限界に出会い、そして十字架のイエスさまに出会うのです。

ローマ書でパウロが嘆いたように「私はしようと思う善が出来ず、したくない悪を行なってしまう」私たちなのです。 内側にキリストの光が輝けば輝くほど、自分の醜さ、汚さが見えてしまう。でも、見えるからこそ感謝なのです。 ビフォアーには見えなかったのにアフターとなった今は見える。ここで十字架の意味を知るのです。

クリスチャンは善人ではありません。聖人でもありません。ただ、十字架の赦しを体験した罪びとなのです。 そして、今日も生きているのではなく、生かされていることを知らされたものなのです。

最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2016 by Choufu Minami Crist Church . Proudly created with Wix.com

  • Facebook Social Icon