Please reload

最新記事

■ 升の中の居心地は? / マルコの福音書4:21~25 (2005-02-20)

イエスは言われた。「あかりを持ってくるのは、升の下や寝台の下に置くためか?燭台の上に置くためではないか。隠れているのは現されるためであり、覆い隠されているのは、明らかにされるためである」と。
これは今までわからなかった神の奥義が、今イエス・キリストの到来によって、明らかにされたことを意味している。
 

そして、ここで考えてみたいことは、イエスが世の明かりであり、クリスチャンは世界の光である、と聖書が語っていることである。光としてこの世に置かれた私達は、果たして実際にそのような存在となっているかというと、どうも穴があったら入りたくなるような者でもある。勿論、そうでない人もたくさんおられることも、事実である。今期、パ・リーグのフォークス球団に入団した外国人選手がそのパワーの秘密を聞かれた時、彼はごく自然にコメントした。「キリストさまが打たせてくれるんだよ」。いいなあ、と思った。場所がどこであろうと誰に聞かれようと、サラッと答えられる態度に彼の信仰の明りを見た思いがした。
 

 私達クリスチャンは何を恐れているのだろう?この世を徘徊し牛耳っているサタンであろうか?反キリストの霊として人間の心に絶えず誘惑し続ける悪魔であろうか?だが、ここでしっかり見据えておかねばならない事実がある。それはキリストの十字架によってサタンは既に敗北し、実質的な力は持っていない、ということである。クリスチャンたちがゾンビのような存在でしかないサタンから、今も悪影響を受けていることに、すべてのクリスチャン達は憤慨すべきである。確かに血肉の体は清さよりも快楽を求めやすい。いつもイエスの助けを求め、彼の力と勝利を信じ続けなければ、誘惑に落ちてしまう我々である。

 

 

サタンは二つのことで、賢明にクリスチャンたちに働く。
 第一に「クリスチャンとして素晴らしい働き人を潰すこと」である。いくら強い信仰の人であっても、人は必ず弱点がある。サタンはそれを熟知しているのだ。明りとして輝くクリスチャンに升をかぶせてしまうことがサタンの目的である。サタンは私達人間には恨みはない。彼の目的はただ一つ、神に打撃を与えることである。信仰者が燃え尽きたり、消耗してしまって光を失うことこそ、神さまにとって辛く悲しいことはないからである。
 第二は「すべてのクリスチャンの目を、神以外のものへと奪うこと」である。あなたの目は何に興味や好奇心を求めているだろうか。私達にとって頼りになる存在はもしかしたらこの世の宝ではないだろうか?サタンはこの時点でもう働いているのだ。私達の心が揺れ動くことで彼はほくそ笑んでいる。
サタンは創造者ではない!彼は何かを利用することしか出来ないのだ。私達はしっかりと十字架の主、よみがえりの主、天と地を造られた創造主
を信じ仰いで行こう。信仰のともし火を決して消すことのないように。
 

Please reload

ソーシャルメディア
タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2016 by Choufu Minami Crist Church . Proudly created with Wix.com

  • Facebook Social Icon