Please reload

最新記事

■ 神よ、どうして私をお見捨てになったのですか / マルコの福音書15:10~39 (2008-03-16)

多くの人々、その人生にあって思わず呻いてしまう時があるだろう。
 普通の日本人であるなら、さしずめこう言うのだろうか。
 「神も仏もあるものか・・」
しかし、仮にも神を意識した人、又は信じた人はおそらくこう言う。
 「神は私を見捨てた・・」と。
 実に辛い場面である。誰が襲われても不思議の無い人生の暗闇、絶望と思えるときがある。
そして、神の御子、イエスがこの言葉を叫ばれた。
 「神よ、どうして私を見捨てられたのですか」
だが、彼のその思いと叫びが、私やあなたの救いにつながろうとは、当時それを聞いた人々は夢にも思わなかったであろう。
 

イエスは神に見捨てられた、のである。
 当然である。彼の体はすべての人類の罪で緋色に染まり、重く圧し掛かっていたのだから。
その緋色に私の罪が混じっていた。あなたの罪が混じっていた。
イエスは「汚れ無きいけにえ」として、彼以上に相応しいものはなかった。
 否、彼でなければならなかったのだ。それが彼の使命であり、宿命であった。
 

イエスの死が人々を癒す。イエスの謙遜と従順が私達の魂を癒し、そして救う。
 人間が持つ憎しみとねたみの感情、他者を赦せない感情、人間性にとって、すべてのマイナス要因を、イエスは十字架によって背負ってくださった。
だから、イエスに思いを馳せるだけでも、それらは癒され、霧のように消えてしまう。
 神の摂理は人間などに説明できない。どれほどの憎しみや悲しみも、十字架が癒す。
 誰が、十字架の摂理を説明できよう。イエスの十字架は、悪魔が勝ち誇った場面ではない。神が苦しむことを犠牲にして、勝ち取った勝利者の雄叫びであった。
 十字架は神の聖域である。人間の小賢しい論理など全く空しい。
 

アパ・ルームと言うデボーション・ブックにクリスチャンの証が掲載されていた。
ルイジアナに住むドリスというお母さんに24歳の息子がいた。明るくて真面目で善良な一市民であった。だが、彼は突然、殺された。妬みという動機から・・・
 

母親は幾度も幾度も、神に叫んだであろう。
 「主よ、どうしてですか?なぜ、息子は死ななければ、ならなかったのですか?」
だが答えは無かった。そして、しばらくして、夫が病気で死んだ。
 普通に、真面目に生きていた家族を襲った悲劇。
 「私達には絶対に起らない」と誰も言えない現実。
 

そして、ドリスはこう述懐する。
 「当時、私は神から離れた人生を送っていた。そう、神は私を見捨てられたのだから。」
 私は彼女へのアドバイスは持たないし、何も言えない。言う立場も資格もない。
そして、十字架のイエスに向かっては尚更に何も言えない。
もし言うとしたら、「主よ、私を赦してください。」でしかない。
 

ある日曜の朝、ドリスは娘の教会の礼拝に出席した。
その朝、彼女の心に神からの平安と静けさが訪れた。
やがて、教会に通う日々の中、彼女にイエスへの信仰が戻った。
キリストが彼女の魂に触れたとき、息子を死に追いやった人々さえも赦した。
 更に、彼女が知ったこと。
 「神は、決して私を見捨てられない。」という確信だった。
あの苦しみと悲しみ、怒りと驚愕のときも、実に神は私と共に、いてくださったのです。と、ドリスは告白している。
 

イエスの十字架、神は彼を見捨てられたのか。
 私は、そうではない、と知った。あのときも、天の父はイエスを励まされたと思う。
 悲しみ、苦しむ一人息子のイエスを、神は見捨てられなかったと思う。
イエスは最後まで、父に従順な者であり続けた。
そして、その故に、イエスはその三日後、墓からよみがえられたのである。
 神が彼をよみがえらされたのである。
イエスの十字架の傍らで、もがき苦しむ父、悲しむ神を、私は想像する。
 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

ソーシャルメディア
タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2016 by Choufu Minami Crist Church . Proudly created with Wix.com

  • Facebook Social Icon