Please reload

最新記事

■ アシュラム / ガラテヤ人への手紙2:20 (2008-10-12)

今年も教会アシュラム(祈りと聖書の言葉の前に静まる集会)が巡ってきた。
ひたすら、聖書から主の言葉を聴く。
 日常の生活と環境から離れて、主の前に静まる。
 

 教会でこの様な集会が持てることは実に恵みである。
 分かち合いとは、お互いによく知り合った者同士には難しいものがあるが、敢えて自分たちの心を分かち合える関係は、イエスさまがくださった所に立てば、可能である。
 一泊二日は短い時間であるが、いつもの会堂を離れて共に時間を過ごすところに、新鮮なものがある。
その場でなければ味わえないものが多い。主がくださった兄弟姉妹だからである。
 

この集会は実に地味である。
 祈りと聖書の言葉だけに留まる訓練の一環だからである。
しかし、神さまの招きに応じて決心し、立ち上がって行くときは、誰に相談したり、アドバイスを受けたりよりも、自分とイエスの間だけの応答から生まれるべきものである。
 主との1対1の関係で立てられた契約、招命こそが、揺るがない将来へとつながる。
 人の言葉でなく、神さまの言葉を信じ、導かれることこそ、すべての不安に打ち勝てる信仰の基盤である。
 人は「いざという時」、たった一人で神の前に立たされるのだから。
 

 静聴・・・
一人静まって、神さまの言葉を聴く。聖霊が仲介してくださらねば、聴けない。
 主が今、自分の前に立ってくださらねば、聴けない。
イエスが今、私の霊的耳と、魂に触れてくださらねば、聴けない。
 

1986年7月31日昼12時半頃、神さまのみ声を聖書から聴いた。
あの日に聴いていなかったら、牧師という今の私はいない。
 生涯で一度だけ、特殊な時間が、その日であった。
その日いつもの様に何気なく読んだと思った言葉であったが、いつもの感想ではなかった。
 確かに聖霊は、耳に聞こえない声で、私に囁いた。
 『わたしがあなたを招く。
 私があなたを立てる。
だから、わたしを信じて今からを生きなさい。
そうすれば、わたしはあなたを宮(教会)に仕える者とするのだから。』ゼカリヤ書3:7

 

この日から、私の聖書観は変わった。
 思考する方向性が、私を悩ませ喜ばせ、恐れと勇気が入り混じった日々は終わらなかった。
 

そして、1989年4月、神学校へ入学した。五年という長い道のりと葛藤の始まりであり、見えない神さまを見ながら生きる時間が始まった。
ただ一つ、私の中に刻まれたゼカリヤの言葉だけが、私の支えだった。
3:7 「万軍の主はこう仰せられる。もし、あなたがわたしの道に歩み、わたしの戒めを守るなら、あなたはまた、わたしの宮を治め、わたしの庭を守るようになる。わたしは、あなたをこれらの立っている者たちの間で、宮に出入りする者とする。
 

 

 

 

 

Please reload

ソーシャルメディア
タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2016 by Choufu Minami Crist Church . Proudly created with Wix.com

  • Facebook Social Icon