Please reload

最新記事

■ 汝はキリスト、生ける神の子なり / マタイ16:13~17 (2008-10-19)

October 19, 2008

人間、精密に考えると、その内側はいつも揺れ動いている、と思う。
キリストを主と信じることは動かずとも、主に従うと言うこととか、主を喜ぶこととか、主と共に生きるとかは、絶えず微妙に変化していると思う。
そこで、副題を「死んだり生きたり、眠ったり」と考えた。
 長い人生においては、当然と考える。
そして、揺れ動く自分を知って、情けない・・なんて思う必要はない。
それほど、神経を配って、己が心に向かい合っている証拠だと思う。
 

いつも変わらないのは、主キリストだけだ。
だから、今日もクリスチャンでいられる。
 「私は変わらない、ぶれない」なんてお方は羨ましい限りだが、それだけ思い込みが激しいのか、自信があるのか・・・
 イエスさまの私へのとりなしの祈りなど、いつも必要である。
 

 人間、生きるために先ず必要なのは酸素である。
 息を吸って吐く。この繰り返しで生きているが、別に意識などしていない。
 当たり前の如く、吸っては吐く。
だが、信仰がいつも活き活きとしているためには、神の息が必要だ。
 神の息を吸う、吐く、という活動は、意識しなければ出来ない。
 内なる呼吸、とでも言おうか。これがなければ、いつも自分中心の信仰となる。
 内なる聖霊により頼んで生きようとするなら、神の息によって生かされるしかない。
 

 「人々は、わたしを誰と言うか?」とイエスは弟子たちに向かって聞かれた。
その時、間髪を入れず(と、感じてしまうのだが)、ペテロがイエスに向かって宣言した言葉がある。
 「あなたこそリスト(救い主)です。生きておられる神の御子です!」
イエスさまはそれを聞かれて、ペテロにこう言った。
 敢えて、文語体で言うと、
 「汝は幸いなり、汝にこれを示したるは、血肉にあらず。天にいます、我が父なり。」
まさに、イエスのお顔が浮かんで来るようだ。声高に仰られたに違いない。
 

ペテロは有頂天になった、思う。それは十分理解できる。
だが、イエスのおことばを、かみしめて考えると、別な深い意味があると思う。
イエスはペテロ自身を称えたわけではない。
 幸いなり、と仰ったが、イエスが感嘆されたのは、告白自体が天の父によるものだったからである。
ペテロは神の御霊に満たされて、今こそ言うべき真実を告白した。
その後しばらくして、「私はイエスなど知らない」と幾度も否定したのは、血肉のペテロであった。
 

 人間は確かに弱い。だが、主が共におられる人は実に強い。
 試練に耐え、困難の壁さえ打ち砕く。
それは彼が弱くとも、主が強い方だからである。
 

 

 

 

 

 

Please reload

ソーシャルメディア
タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2016 by Choufu Minami Crist Church . Proudly created with Wix.com

  • Facebook Social Icon