Please reload

最新記事

■ アンバランスにも意味がある / 第一ペテロ2:9~12 (2009-11-08)

November 8, 2009

通常、この世でアンバランスという場合、状態、状況、事態、見た目等は、均衡が保たれていないという、つまり、あまり好ましくないことである。
しかし、アンバランスも時として、美しい?場合もあるから不思議である。
アンバランスゆえに、深層心理を理解できる場合もあるのだ。
 

 第一ペテロの手紙2章にこう書かれている。
 「あなた方は、以前は神の民ではなかったのに、今は神の民とされている。
あなた方は、以前は神の憐れみを受けない者であったのに、今は憐れみを受けている。」
 

そう、大きな転換があったのだ。これ以上の大きな変革はない程のものである。
 全く、逆の人間性、人生になってしまったからだ。
 神の怒りをかっていた者が、実は愛されていたなんて。
このアンバランスをどう理解しようか。
 

 私とてキリストを拒みつつ、迫害しつつ、しかし一晩で神を愛して恐れる者となった。
だが、実際の自分を考えると、情けないと言うかイエスさまに申し訳ないほど、変わっていないように見えて仕方がない。
 確かに毎週日曜は礼拝に行く。
 礼拝に行くどころの騒ぎではない。毎週メッセイジをしている。
なのに・・である。
パウロの言葉の様に「誰が、この死の体から救い出してくれるのだろうか。」」と言わざるを得ない。
 実にアンバランスである。
よく考えると、救われた自分がいて、同じ自分が罪びとの一人でもあるのだ。
 

だが、パウロは素晴らしく謙遜なキリスト者ゆえに、この言葉を吐露したのであって、以前の彼ではないのだ。
だからこそ、彼は自分の内側が見えた。
そして、見えたばかりで無く、聖なる明りの中で言葉にした。
 更にパウロは「誰が?」の誰を知っているからこそ、あの言葉が言えたのである。
 

 「表裏一体」という言葉がある。
 意味は相反するかに見える二つのものが、根本では密接につながっていることを指す。
 

 実は天の父も、その御性質は表裏一体なのかと考えた。
まさか、神さまに暗いところと明るいところなどある筈もない。
まさか、そういう意味ではないが、相反する事実の故に、十字架に神の御性質を見た。
 

 神は聖なる義なる方であり、絶対者である。
 一片一切れの罪さえも赦さない方である。
しかし、一方で神はその一人子を人類の罪の身代わりとし、十字架で死なせるほどまでした私達を赦された。
ここに罪は徹底的に嫌いつつ、しかし、罪びとである人間をこよなく愛するという、相反性の現れがあった。
 

 十字架は神の悩み、苦しみ、そのものであった。
 我が魂と、この身の弱さを知るとき、天の父の苦しみを僅かであるが理解する。
 神のアンバランスは実に美しい。
そう思った。
 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

ソーシャルメディア
タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2016 by Choufu Minami Crist Church . Proudly created with Wix.com

  • Facebook Social Icon