Please reload

最新記事

■ 祝福の夜明け / 創世記22章12~24 (2011-07-24)

July 24, 2011

神さまは時として私達を試される。

 

 神さまに対して、私がどれだけ従えるか?
 私にとってこの世で一番大切なものは何なのか?
 神以外に重要な存在がこの世にあるのだろうか?
 人間にとって、この世で大切なものは、たった一つなのである。
そのとき、TEST(試練)を与える神も、与えられる人間も真剣勝負である。
 以上、いつの時代であっても私達が問われること、それがアブラハムの受けたTESTであった。
 

 試練が与えられるとき、その理由(わけ)を私達は知らない。
ただし、神から与えられたであろうことだけは「おおよそ、そうであろう」と考えてはいる。
だが、「何故なのか?どうして今なのか?このことにどういう意味があるのか」などは分からない。
しかし、それでも神を信じるというより、分からないからこそ、神を信じるというべきである。
それが相対的信仰への決別であるからだ。
 

 内村鑑三師の言葉に圧倒される。
 『祈りが聞き届けてもらえないことこそ、キリスト者にとって神に近づけるときなのである。
モーセも、イエスも、パウロも聞き届けてもらえなかった祈りは山とあった。そのことが本当の意味で、彼らを神に近づけた。』
 確かに言い得ていると思った。
 絶対者は唯一、神だけであるから。
もう一度、私達は神と人の立ち場の違いを考え直す必要がある、としみじみ思った。
 

 私達は時として大きなものを失って来た。
しかし、まだまだ恵まれている。
 果たして、この世で本当に必要なものはなんだろう。
これを失ったら生きては行けない、と思うものはあるだろう。
だが、本当に必要なものは「失って見なければ分からないもの」と思うのである。
 

 東日本大震災で数十万の人々が家族、家、土地、仕事、財産、故郷を瞬間に失った。
 私達から見ても、この世が価値とするものをすべて失った。
でも、あの人々はめげないで頑張っている。
 必死に立ち直ろうとしている。
その強さに、私は理由を見つけられないでいる。
 自分だったら、とっくに負けているだろう。
 人間はどうして、あれほど強く、そして耐えて生きられるのだろう。
 

もしかして、神は彼らの心に語っておられるのだろうか。
 「死ぬな!わたしがあなたを助けるから。希望を持て!」と語っておられるのだろうか。
 

 


やはり、人は神の被造物だと思う。
 無言の内に唯一、まことの神がクリスチャンであっても、仮にそうでなくても、きっと語っておられるのだと思う。
 

いつの日か神はあの人たちに、きっと祝福をもたらされる、と信じる。
 「あれほど辛い出来事を私達は乗り越えて来た・・」
 神を信じられない日に信じることこそ、信仰の値打ちだから。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

ソーシャルメディア
タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2016 by Choufu Minami Crist Church . Proudly created with Wix.com

  • Facebook Social Icon