■ 父たちへ、そしてすべての兄弟たちへ / 第二テモテ4:6~11 (2012-06-17)

パウロという人はまさに「炎のランナー」だった。

命を賭してキリストの福音を語り続けた。 嵐が来ようと、迫害と試練が次々と波の様にやって来ようと、誰も彼を止めることは出来なかった。 命燃え尽きる最後まで、彼の目はキリストを見詰め続けた。 彼は普通の男性であり、彼が信じた主は、私達が信じている主である。 環境は当時の方がはるかに厳しく今と比べるべきもない程、厳しい環境と時代だった。 彼は悩み苦しみ、折れそうになっても折れなかった。 果たして現代の我々男性そして兄弟たちは・・・・。

「父の日」が来た。 キリスト者ではあるが、どこかちんまりと言うか、質素と言おうか、エコと言おうか、どうも大胆でない我々である。 たまには疾走する福音ランナーであっても良いではと思うが、どうも先に理性が働いてしまい主に賭けられない。 そしてパスカルの言葉が皮肉にも耳に響く。 「人は考える葦である。」と。 更に伝道者は言った。 7:29『私が見いだした次の事だけに目を留めよ。神は人を正しい者に造られたが、人は多くの理屈を捜し求めたのだ。』

第二テモテの手紙に様々なキリスト者が登場する。 一度は信仰が破綻したかの様に思えたマルコ。 伝道旅行の途中、船旅が終ったとき彼は何を思ったか、同行者達に一人背を向けてエルサレムに帰ってしまった。 その姿は「帰っちゃった」とでも表現したい。 その事により、パウロはマルコに対して大いに失望した。 おかげでマルコを庇うバルナバさえ怒りの矛先を向けられ、とんだ迷惑を蒙った。 しかし、時を経た後、マルコは信用を回復したばかりか、パウロにとって頼りになる弟子となったのである。 そしてマルコ福音書を書き残す人となった。

またデマスという人が登場する。 長い間、パウロの世話をしながら、迫害の旅にもめげず同行した。 パウロの手となり足となり目となって伝道活動を支えた。 ローマでは軟禁状態を数年体験し、パウロにとって実に信頼できる仲間でもあった。 幾つかのパウロの手紙、その最後にデマスの名は必ず紹介され、称賛を得ていた。 しかし、デマスはパウロの死の少し前、パウロと福音に見切りをつけたのか、はたまたこの世を慕ってか、デマスパウロを捨ててテサロニケに行ってしまった。

確かにキリストを伝える人生に困難はつきものである。 しかし、キリストから離れて神の国へは入れない。 この世を慕い、この世にしがみついても何を得ると言うのか。 そこには絶望と滅びしかない。 パウロが命を賭けたのは、教会の繁栄のためではない。 人々の救いである。 パウロが死をも恐れず伝道できたは何のためか。 すべての人々が罪赦されて永遠の命を得るためであった。

最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2016 by Choufu Minami Crist Church . Proudly created with Wix.com

  • Facebook Social Icon