■ 敢えてその狭き道を歩め / ヨハネ10:31~42 (2014-08-24)

イエスは言われた。 「いのちに至る門は小さく、その道は狭く、それを見出す者はまれである。」(マタイ7:14)

ここで言われるいのちとは、生まれ持っている命ではなく、永遠の命である。 永遠は天地において神の国しかない。 そこに至る命こそ、永遠のいのちである。 この命はこの世で得ることは出来ない。 努力も金も善行でも得られない。 それはキリストから直にいただくいのちである。 何故なら、キリストご自身が「永遠のいのち」だからである。

昔、誰かが言った。 「キリストの門は小さく、その道は狭いと聖書が言っておった。 確かにそうだった。 一人の人間が体を横にして入れる程度であるが、痩せた太ったは関係ない。一人の人が有り金とか荷物とか、おまけに自我とか利己主義とか、自己中心主義など、すべてを捨て置いたままにして通らないととても入れない。 しかし、である。 中へ入って見たら、何と広いものだったか、言葉で言いようが無い程広かった。」 そして、分かったな。「実にキリストの世界は広くて自由だと。」

あなたは神を見たことがあるか? 私は無い。 御霊なる主を見ることは出来ない。 しかし、神がおられることは事実である。 神が働いておられることも事実であるし、地上の被造物世界はすべて神が造られたものである。

もう一つ、あなたはイエスを見たか? 敢えて言う。 私はイエスに出会い、彼と歩んで今日まで来た。 しかし、この目でもって彼の顔は知らないし、その御姿も見てはいない。 でも、私は彼と共にある。 否、彼が私と共に生きて下さっているのだ。

イエスはいわれた。 わたしを見た者は父(神)を見たのである。(ヨハネ14:9) それは肉眼で見るという意味ではない。 だのに何故、多くのクリスチャン達がイエスご自身に向かわないのか、私には理解できない。 イエスの御名は、お祈りの最後に付け加える程度の人が多い

キリストはたった33年の生涯のためにこの世に降りられたわけではない。 確かに十字架で殺されるためであった。 そして3日目によみがえられ、40日後に天に帰って行かれた。 ただし、イエスの地上における本当の働きは、そこからであったと思う。 イエスは御霊となって彼を信じる全ての人の内に存在される。

聖霊は単に聖なる霊ではない。 イエスのご人格と品性を持っておられる。 だから私は言う。 イエスと毎日を生きよう。 私達は彼によって造りかえられるのだと。 彼が私達の内に生きて下さるからだ。 そしてリバイバルはそこから始まる!

最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2016 by Choufu Minami Crist Church . Proudly created with Wix.com

  • Facebook Social Icon