Please reload

最新記事

■義人/ルカ18:9~14

October 9, 2016

「義人」読んで字の如し、正しい人という意味。

日本語辞典は「堅く正義を守る人。我が身の利害を顧みずに他人の為に尽くす人。」とある。

まあ、これだけでも殆どの人は落第であろう。

しかし、これはあくまで人間が考えた基準である。

人間が考え出した規範であるなら、水が漏れ出る様に、どこかに隙もあると思う。

 

だが、聖書の神は別な視線と基準を持っているので、結果はこうである。

「義人はいない、ひとりもいない。すべての人は罪を犯した。」(ローマ3章)

つまり、「すべての人は神から離れた」のである。

確かに生まれたとき既に離れていた。

クリスチャンになった今でも・・・。

 

イエスはこのようなたとえ話を話された。

二人の人が祈るために宮に上った。

一人はパリサイびと、一人は取税人であった。

二人は離れて立っていた。

パリサイびとは顔を上げ、取税人はうなだれ、ずっと後ろに立っていた。

パリサイびとは心の中でこう祈った。

(神よ、私は週に二度断食をし、姦淫する者、不正な者でなく、十分の一を捧げております。特に、この取税人の様でないことを感謝します。)

一方の取税人は目を上げようともせず、頭を下げ、

胸を叩き、心の中でこう言った。

(神さま、こんな罪びとを憐れんでください。)

イエスはいわれた。

「あなた方に言うが、義と認められたのは、この取税人です。パリサイびとではありません。」

 

人間は自ら自分を義人とすることは出来ない。

しかし、実際はしているのだ。

又、誰か正しい人を見たとて、その人を義人とすべきではない。

また安易に他者を罪びとと決めつけるべきでもない。

自分も同様の罪びとなのだから。

ひとを義人とするは「神」だけである。

 

「イエスを救い主と信じ受け入れて、己が罪を洗われること。」それ以外に救われる道は無い。

人はここに於いてのみ、神によって義とされる。

新約聖書の約束である。

マルチン・ルターが命を賭けて勝ち取った聖書の約束は「ひたすら信仰による義」あるのみだ。

 

旧約聖書、アブラハムの人生。

彼にはずっと跡取りがなかった。

妻のサラにせよ、既に子を孕める体ではなかった。

彼は悩み焦っていた。

(自分の跡取りは、自分の奴隷の息子、ダマスコのエリエゼルなのだろうか?

主は私との約束をお忘れになったのだろうか。)

神の祝福は豊かにアブラハムを包み、僕の家族も増え、家畜も増え、財産は溢れていた。

だが、一番肝心な彼の跡取りがいなかった。

 

ある晩、主はアブラハムを外に連れ出された。

真っ暗ではあったが、それ故に満天の空は大小さまざまな星たちが、まるで敷き詰められたかのように散りばめられ、互いは競うかの如く輝き、きらめいていた。

主はいわれた。

「さあ、天を見上げなさい。星を数えることが出来るなら、それを数えなさい。」

さらに仰せられた。

「あなたの子孫はこのようになる。」

聖書は言う。

「彼は主を信じた。主はそれを彼の義とされた。」

 

アブラハムが何をどこまで、どの様に信じていたかは書いてない。

だが、信じるとはそういう事なのである。

あとさき考える必要も、今の自分の頭の中を整理する必要もない。

第一、 信じる対象はどこかの誰かさんではない。

天と地を創られた神である。

創造主の前に置かれたということは、自分は主の被造物の一片であり、ましてや罪びとの私如きが、いかなる条件や理由を持ち込むことさえ、全くナンセンスなのである。

私が神を神とせずとも、神は既に神である。

だから全能の神なのだ。

 

「人とは何者なのでしょう。

あなたがこれを心に留められるとは。

人の子とは何者なのでしょう。

あなたがこれを顧みられるとは。」(詩篇8:4)

 

グウの音も出ない。

ギャフンである。

人は何者でもない。

ただ、神の豊かな憐れみと慈しみによって、今がある、それだけだ。

「彼は神を信じた。神はそれを彼の義とされた。」

アブラハムは私達の祝福の基いであり、信仰の父である。

信仰とは「こうあるべき」を彼は自らの生きざまで証しした。

神が彼を義とされ、そして人はキリストという神によって義とされた。

Please reload

ソーシャルメディア
タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2016 by Choufu Minami Crist Church . Proudly created with Wix.com

  • Facebook Social Icon