■私たちを見なさい/使徒3:1~16

イエスが伝道を開始された初期の頃、初めてペテロに出会われた瞬間、彼の目をじっと見て言われた。

「ヨハネの子、シモン、わたしはあなたをペテロ(岩)と呼ぶ。」

岩は何年経っても岩であって、砂ではない。

イエスはペテロの未来人間性像と、その内面を見通されたのである。

確かに初期の岩(ペテロ)は何とも弱かった。

強いのは人間的な面だけだった。

しかし、イエスは彼の未来の人間性と信仰を見ておられた。

ペテロは早とちりで、そそっかしい部分があり、舞い上がる点もあったが、決して嘘はつかなかった。

つまり二枚舌ではなかった。

一枚岩だったのである。

やがて集まった12弟子の筆頭はやはりペテロだった。

いつの頃からか彼はイエスに対し、自らにおいて忠誠を誓っていた。

愛すべきペテロ、あなたこそメシヤなるキリストにぞっこん惚れられた、弟子の中の弟子である。

何かにつけ、主はペテロに一目置かれた。

それはペテロの責任感、裏表のないリーダー性を見ておられたからか。

主は同じように今の私達だけでなく、私達の将来像を見ていてくださる。

神を信じることにおいて動じない、イエスと生きることにおいてぶれない、そして人は変えられる。

過去こそ、ぶれて、流されたにせよ、やがてはそうでは無いのだ。

何が私達を変えたのか。

変えた方は神である。

確かに人は失敗、失態、恥を掻かされて変わることが少なくないであろう。

しかし、人生の底辺でキリストに出会わずして人は変わり様がない。

ペテロは無学であった。

ガリラヤの田舎で魚を漁る男に学問は必要なかったであろう。

漁師に律法やギリシャ語は必要なかったであろう。

だが、神は彼を「人間をとる漁師」にされた。

ペテロはイエスとなら、いつでもどこへでも行ったし、主と一緒なら死ぬことさえ厭わない、と勇んだ。

「恩寵の弟子」とペテロは後世のキリスト者から言われた。

神の恵みと愛なくしてペテロの人生に弟子の道はなかった。

同じ様に、キリストと一緒なら私達でさえ、この人生に花も咲く。

凡そ人間が価値とするものを神は見ておられない。

力より知恵、豪気より勇気、魂の強さより霊性の鋭さ。

金より気高さ、権力より謙遜、豊かさは財よりも神への信仰。

ペテロが一生の不覚を体験したのは真っ暗闇の中、チロチロ燃える不安定な焚火の灯りだった。

屋敷内では捕らわれたイエスが取り調べを受けていた。

イエスを案じるペテロは不安げながら、何食わぬ顔をして家の人々と共に焚火で暖をとっていた。

すると、いきなり家の女中が彼の顔を見て言ったのだ。

「お前さん、あのナザレのイエスと一緒にいたよね?」

彼は必死に首を振って言った「知らねえ、俺はイエスなんて知らねえよ。」

(心中は必死だった。俺を見るな、俺を見るなって。)

だが、彼のガリラヤ訛りは嘘をつかなかった。

吊られて他の男が焚火の中でペテロの顔を覗き込んだ。

「いいや、確かにお前はイエスの弟子だ。」

こうしてペテロは三度、イエスを否定した。

暗闇の向こうで一番鶏が鳴いた。

ペテロは焚火の輪から飛び出し、暗がりの中へ走って行って消えた。

そして彼は号泣した。

果たして私達はそんな経験を持たないだろうか。

日曜とウィークデイの自分の顔が違うように感じる。

教会と職場の顔。

何故、違ってしまうのだろう。

自分ではわかっていても、逃げられないし、変えられない。

人生で何とも窮屈な場面を幾度、行ったり来たりしたのだろう。

あの晩から僅かに二か月足らず。

パテロはヨハネと共に宮に居た。

目の前には生まれつき足の効かない男が人々に金をせがんでいた。

男はペテロとヨハネの顔を見上げた。

そのとき、ペテロが男に言った。

「私達を見なさい!」

男は期待した。(このひとはきっと金をくれる)

ペテロは男に言った、「私には金銀は無い。私にあるものを上げよう!ナザレのイエスの名によって歩きなさい!」

「私を見て!」と、どのキリスト者が言うだろう。

「私にあるものを上げよう」と、どこのキリスト者が言うだろう。

イエスは彼自身を供給されるためにこの世に来られたのだ。

私達はイエスを人々に分かち合うために救われたのである。

彼は私の中だけにおられる方ではない。

最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2016 by Choufu Minami Crist Church . Proudly created with Wix.com

  • Facebook Social Icon