Please reload

最新記事

■キリストは我がすべて/ヨハネ14:16~27

イエスは言われた、「わたしが道であり、真理であり、命である。」ヨハネ14:6a

非常に有名な聖句、信仰に入った40年前から気に入っていた。

あれから何十年も経ってから考え直した、というより改めて聞かされたかのようだった。

そして思わぬことに気がついた。

イエスが言われたことは「わたしがあなた方に新しい道を教えよう。」ではない。

「わたしがあなたに真理を教えよう。」でもない。

「わたしがあなたに永遠の命への道を示そう。」でもない。

わたしが、このわたしが道である、真理である、命である、と言われていた。

 

ずっと前、イエスこそ素晴らしい宣教師だと思っていた。

神の国を分かり易く伝えてくれた。

たとえを用いて難解な神の国を説明され、どうしたら其処へ行けるのかを教えてくれたと考えていた。

何十年も、そう思っていた。

思い込みだったのか、読み間違ったのか。

 

彼が道!そうだよな、確かにそう言っている。

彼は案内書や手引書など用いない。

こ難しい説明などしていない。

条件も資格も問うてはいない。

「わたしに来なさい!」「わたしがそれだ!」と仰っている。

 

何かが弾けて飛んで行った、そんな思いがした。

私は何十年もキリスト教をしている。

だが、本当にキリスト教をしていただろうか?

もしかして、キリスト教という宗教であって、生きた信仰はしていなかったのかも知れない。

仮に、そこまでは言わないとしても、である。

何か大きな点が欠けていたと感じた。

 

ふと、思ったこと。

それはキリストとは「メシヤ」つまり救い主である。

ギリシャ語でなく、ヘブライ語で表現するとしたら「メシヤ教」になる。

何となく新興宗教っぽく感じる。

が、まさしくメシヤ教である。

慣れとは恐ろしいもので、考え直すと「キリスト教」とは「メシヤ教」なのである。

だが、大事なことは名称ではなく、どれだけイエス・キリストに拘っているかだ。

どれだけ、名前の意味に相応しい生き方が為されているかだ。

考えて見よう、あなたは他者を完全に赦して(受け入れて)いますか?

あなたは誰かれなく、公平に愛していますか?

仮に誰かがクリスチャンであろうと、なかろうとである。

日曜の朝、皆で朗誦する「主の祈り」。

そこでは「私が誰かを赦したから、主よ、私を赦してください。」と心を真っ白にして、主に告白しているだろうか?

赦していないのに、赦したと言っていないだろうか?

赦した振りなら、それは素振り(そぶり)でしかない。

生ける神の面前でそれは出来ないと思う。

 

そこで色んなことを振り返って見た。

キリスト教をしているのだから「善意、慈愛、忍耐、寛容」といった人として持つべきもの、クリスチャンらしい生き方、誰もが認めるような存在となりましょう、と言われてきた。

だからこそ、もしかして一番大切な方を脇に押しやって来たかも知れない。

そんな思いがした。

別に間違った生き方をしてきたというより、見なければならない方を、見過ごしてきたからかも知れない。

 

ヨハネ福音書は好きである。

ヨハネ独特のキリスト観を持っている。

心惹かれる言葉、聖句、主張はヨハネ色豊かに書かれている。

確かに共感福音書とは一線を画しているとは思って来た。

好きだけど少しは距離を置きたいなんてビミョウな書。

そこで偏見を捨てヨハネ福音書を一節ずつ、首っ引きで読んで考えてみた。

その結果、ヨハネは素晴らしいイエス観を持っていたと知らされた。

他の誰よりもヨハネはイエスを知っていた。

だから、私もヨハネのようにイエスを知りたいと思った。

イエス・キリストは「御子」という枠には到底収まらない方である。

彼は神であると告白せざるを得ない。

 

イエスは言われた。

わたしは門であり、世の光であり、いのちのパンであり、よみがえりであり、世の光であり、

良い牧者であり、葡萄の木である。

すべての呼び名は彼自身であって、「・・の様な者」ではないのである。

彼が「そのもの」なのである。

 

イエスはいわれた。

「わたしはあなた方にわたしの平安を上げよう。わたしが与える平安は世が与える平安ではない。」

どんな平安なのか?

それはイエスだけが与えられる平安である。

ならば、それはイエスご自身であって、他の何かではない、そう思った。

パウロが言った。

「・・・神は真実な方ですから、試練と共に脱出の道も備えて下さいます。」

有名な第1コリント10:13後半である。

2千年の間、数えきれない人々がこの聖句を愛唱し、慰めを受け、励まされて来た。

或る日私は考えた、脱出の道ってどんな道だろう。

その時になって見なければわからないのだろうか?

そして知らされた、そうだ、脱出の道とはイエス・キリストであると。

キリストこそが、試練から、困難から、赦せない心から脱出の道である。

 

Please reload

ソーシャルメディア
タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2016 by Choufu Minami Crist Church . Proudly created with Wix.com

  • Facebook Social Icon