Please reload

最新記事

■神の国は今どこに」マルコ4:26~33

「神の国は・・・」で始まるこの箇所、マルコ4章26節が好きである。

イエスはいろいろ言ってくださるが、いまいち掴みどころがない表現が神の国である。

でも、だからこそ好きである。

 

14年前、ある読者投稿記事が新聞に載った。

自殺志願の若い女性の体験記事だった。

彼女は一緒に死んでくれる相手と話が決まり、先方の支持した場所へタクシーを走らせた。

だが、運転手が地理に不慣れな為か、仕事についてからの浅い経験の為か、スムーズに走れない。

運転手はというと、実直で幾度も幾度も彼女に謝った。

信号で地図を確信し、ガソリンスタンドでは道を聞き、徒歩の人には道を尋ねた。

「すみません、地理に不慣れな者で・・」と謝るも、彼女にはどうでもよかった。

彼女の頭は死に行くことしかなかったから。

だが、真面目一方な運転手の言葉は、彼女にとって温かく感じられた。

ぶっきらぼうな運転手が多い中、「感じのいい人だな・・」とも思った。

どこまでも前向きな運転手と、後ろ向きの自分のギャップが堪らなかった。

ようやく車は目的地に着いた。「すみません、お客さん。とてもメーター通りのお金は貰えません、一万円でいいですから。」

彼女は言った「いいです、全部払います。」彼女が運転手に1万3千円を押し付けて歩き出した時、背中越に運転手の大きな声が聞こえた。

「すみません、お客さん!今度、地理を勉強しときます。」

胸が痛かった。

声をあげて泣きたかった。

今、私はこうして生きている。

相変わらず彼女も家の者も悩まされているが、生きていると。

最後にこう結んだ、「あの時の運転手さん、ありがとう」あの日、あの運転手に出会ったのは神さまがくれた「死ぬな」というメッセージだったのだろうか。

 

私は、そうだと思った。

何処の神が「死ぬな」と囁くだろう。

人が作った偶像が「死ぬな」言うだろうか。

神の国は私達の周囲にあるが、そこにある、此処にあるとは言えない。

見えない、触れない、形もない、聞こえず、知らず、でも神の国はあるのだ。

「神の国は、人が地に種を蒔くようなもので、夜は寝て、朝は起き、そうこうしている内に種は芽を出して育ちます。どの様にしてか人は知りません。」マルコ4:26~27

そう、どの様にしてか、人は知らない。

それで良い、それが良いのだ。

 

更に続く、「神の国はどの様なものか、何に例えようか。それはからし種のようなもので、地に蒔かれるときは種の中で一番小さい。しかし、やがて生長して鳥が巣を作れる程になる。」

幾ら小さくとも目に見える種。

種だから、その中には命がある。

地に蒔けばやがて芽を出し、根も張り、その存在に人は驚いて見上げるのである。

神の国とはそういうものだ、とイエスはいわれた。

 

そしてふと気がついた。

神の国は・・・

イエスである!

彼が言わなかったこと。

自分は神の子であると。

そしてわたしが神の国であるとも言わなかった。

言わない訳があったのだ。

当時のユダヤ情勢はローマの支配下、不穏で一触即発の時代だった。

だから、ローマ政府は反乱や暴動には特に敏感だった。

そういう時代にイエスは来られた。

イエスが最も恐れたことは、政治利用されることだった。

だから彼は常々言った、自分のことを。

「ひとの子は」と。

 

神の国はイエスである。

彼において、神の国は来ていた。

私達を神の国へ招く方はイエスしかいない。

神の国を窺い知る鍵はイエスである。

イエスご自身が神の国であるからこそ、神の国は来ていると言われた。

『神の国とその義を、先ず第一に求めなさい。』マタイ6:33

 

Please reload

ソーシャルメディア
タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2016 by Choufu Minami Crist Church . Proudly created with Wix.com

  • Facebook Social Icon