Please reload

最新記事

■五旬節の奇跡/使徒2:1~15

春分の日の後、最初の満月の次の日曜日が、私の大好きなイースター(復活祭)である。

あくまでも教会暦であるが、本元はユダヤ暦から来ているため、年によって移り変わる。

イースターから数えて、ほぼ50日目が五旬節(ギリシャ語で50、つまりペンテコステ)の日となる。

 

あの日、神の御霊(聖霊)がキリストの弟子達一人一人に激しく下った(降臨)と聖書「使徒の働き」にある。

弟子達はひとつ所に集まって祈っていたが、突然激しい風のような音が彼らのいた家に響き渡った。

そして炎のように分かれた舌が弟子達それぞれにとどまった。

すると彼らは御霊が話させて下さる通り、他国の言葉を話し出した。

エルサレムに来ていた人々はそれを聞いて呆気にとられた。

その言語は完全に他国のことばだったということ、それを知っている人には理解出来たということだった。

 

事実、そのこと自体到底理解出来ないことだった。

彼等が言う。

『私達はバルテヤ人、メジヤ人、エラム人、メソポタミヤ、ユダヤ、ポントアジア、フルギヤとパンフリヤ、エジプトとクレネに近いリビヤに住む者達、滞在中のローマ人たちで、ユダヤ人もいれば改宗者もいる。またクレテ人とアラビヤ人なのに、あの人たちが、私達の色々な国ことばで神の大きなみわざを語るのを聞こうとは。』使徒2:9~11節

 

誰もが驚き惑って、これはいったい何が起こったのか、と怪しんだ。

ある者はあきれ返って「彼等は甘い葡萄酒に酔っているのだろう。」と言った。

しかし、これはあの日に起こった真実の出来事だった。

神の御霊が弟子の一人一人に下って彼らを満たし、御霊が自由に多国の言語を話させたのである。

 

どの様にして?と人は問う。

人間であれば、それが当然である。

だが、神がそういう結果をもたらされた、と言うしかない。

始めに神の約束があって、やがてそれが実現する、ということ。

それしか説明しようがない。

神が為さったことですからと言う以外、説明の仕様がない。

聖書の世界とはそういうものであって、キリストが結果をもたらされるのだ。

人間が理解できるように・・ではない。

 

クリスチャンとはそういう神を信じて生きている、と思う。

実際に、そうなる為のプロセス、経緯、方法、スキルなど説明出来ないし、する必要もない。

分からなくてよいのである。

第一、分かる筈もない。

主のみ、ご存じである。

聖書の神とは「そういう方である」と信じることが賢いことだから。

主が必要とされるならば明らかにされ、主がよしとされるなら、隠される。

それさえも、神の摂理の下、やがて悟らされる日が来るのである。

 

五旬節の日から10日さかのぼる。

復活のイエスに弟子達が問うた。

「主よ、今こそ、イスラエルのために国を再興して下さるのですか?」

イエスは応えられた。

『いつとか、どんなときとかいうことは、あなた方は知らなくてもよい。それは父がご自分の権威を持ってお定めになっているから。』

そして、弟子達は一つところで心を合わせ、祈りに専念していた。

 

主の約束により、もたらされた不可思議な出来事は、あの日に起こった。

それは「イエスを信じた人々に、神の御霊が降りて下さって、彼らを満たした」ことである。

その日以来、この地上でイエスを自分の心で信じ、死んでよみがえられたイエスを口で告白する者には聖霊が下り、人は救われる。

それはこの先も変わらない。

 

キリスト教には修行も鍛練もない。

段もステージもない。

完成も未完成もない。

あるのは「キリストと生きる」それだけである。

イエスを信じたとき、「永遠の命と罪の赦し」をいただいた。

クリスチャンは拘束されることはない。

自由である。

但し、「世が教える自由」ではない。

したいことをする、言いたいことを言う、それは世が考える自由観だ。

つまり、私達は言わずにいられない、せずにはいられない、これは不自由なのだ。

そうではなく、自分が選べる自由こそ本当の自由である。

自分にとって徳となるもの、益となるものを選べることこそ、真の自由である。

はっきり言って「世が考える勇気」も要らない。

本当の勇気とはイエス(御霊)が直に教えてくれる。

 

思えば、私達人間は聖書の神が求める道とは、真逆の生き方をしている。

キリストを信じて、本来人間が生きるべき人生を知って欲しい。

あなたの人生は確かにあなたのものかも知れないが、結果として、それに相応しい生き方になっているだろうか。

こ難しい理論や理屈でなく、シンプルで分かり易い「イエスの道」を歩いてください。

聖書は決してあなたを騙しはしない。

 

40年前、私は創世記でアブラハムがとことん信じた神を「アブラハムが信じた、その神に賭けてみよう」と思った。

そのこと以外、聖書の何にも知らなかった。

Please reload

ソーシャルメディア
タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2016 by Choufu Minami Crist Church . Proudly created with Wix.com

  • Facebook Social Icon