Please reload

最新記事

あなたも逃げますか?/マルコ14:57~72

過ぎ越しの祭りを控えた木曜日夜、イエスを捕えてはみたが、彼らは何ひとつイエスを追い詰める罪状を手にしなかった。

偽証する者を立ててはみたが、余りに芝居じみていたため、確証を得るには至らなかった。

真夜中のしかも議員の大勢欠席者がいる中での密告裁判だった。

勿論、その裁判には当初から全員の納得するものではなかったのだ。

幾人かの祭司が異論を唱えたが、彼らはその場から追い出されてしまった。

 

やがてイエスご自身に証言する機会が与えられた。

律法学者が慇懃にもイエスの顔を覗くようにして聞いたものだ、「あなたは、ほむべき方の子、キリストですか?」

イエスは彼を見やりながらいわれた、「わたしは、それです。人の子が、力ある方の右の座につき、天の雲に乗って来るのを、あなた方は見るからです。」

途端、大祭司は着物を引き裂いて怒りを露わにし、イエスを殴り、唾を吐き捨て言った。

「これでも証人が必要か。どうだ、皆、聞いただろう、こいつが神を汚すことばを。」

そして彼らはイエスには死刑にあたる罪があると決めた。

 

祭司達と群衆に小突かれ、殴られ、倒されながら、イエスは痛めつけられた。

ペテロはその空気の中で、気が動転していた。

イエスを見続けることが出来なかった。

群衆が騒ぎ立てる僅かな隙間から、ペテロはイエスと目が合った。

イエスの御顔は、思わず目をそむけたくなる程に苦しみに歪んでいた。

誰かがペテロを指さして叫んだ。

お前もこいつの仲間だろう、いつも一緒に居たではないか。」

ペテロは激しく手を左右に振って、「違う、違う、俺は彼など知らない。」

別の男も言った、「いいや、確かにお前はイエスと一緒にいた。間違いない。」

「違う、違う、イエスなんて見たことも、喋ったこともない。」

召使の女が叫ぶ、「あんたはいつもイエスをいたよね、ガリラヤ生まれの漁師だろ?」

 

ペテロは否定しながら、イエスの方を向いた瞬間、思わず目があった。

殴られて、膨れ上がった瞼の間から、イエスの目は真直ぐにペテロを凝視していた。

怒りというより、何とも悲しげな目だった。

「あ~っ、俺は彼など知らない、知らねえんだ~。」必死になってその場から踵を返した。

人をかき分け、脱兎のごとく走り去り、物陰に駆け込んだペテロはしゃがみこむと、ひとりその場で号泣した。

彼の口から言葉にならないうめき声が発せられ、心は引き裂かれた。

「あー、俺は先生を裏切ってしまった。・・三度も先生を知らないと言ってしまった。」

ペテロはマリヤの顔も弟子仲間の顔も、まともに見ることは出来なかった。

汗と涙の中で悔やむだけだった、「死にたい、死んでしまいたい。。。」

 

受難週の木曜日深夜、こうしてイエスは十字架へと歩を進めた。

弟子の誰もが、イエスを見捨てた瞬間だった。

こんな日が来るとは、夢にも思わなかった。

たとえ2千年経った今でも、受難週は重い空気に満ちている。

イエスが十字架に架けられた金曜の朝、そして息を引き取られた午後、その日はずっと言葉にならない苦しみが続く。

 

私こそが彼を裏切った張本人だ。

ペテロ達に比べたら、もっと責任が重いのである。

彼等は知らなかったが、私達は知っている。

でも何も出来ない。

その木曜の夜、教会では毎年「最後の晩餐の時」を持つ。

賛美歌はすべて重苦しい歌、歌詞は21世紀の信徒の心をまるで抉るかのようだ。

まるで、あの晩と空気が全く同じに思える。

主イエスを裏切り、見捨てたのが弟子達だったと同時に私達でもあった。

 

この集会の祈りは誰の為ではない。

今夕ばかり他者へのとりなしではない。

ただ、主イエスと自分自身、この二者の関係に於いてのみが祈りのテーマ。

 

願いまつる主なるイエスよ 捉えたまえ我を

道に迷い疲れ果てし 弱きしもべ我を

 

風はつのり夜は迫る されど光見えず

近くまして聞かせ給え 愛の御声我に

 

応えたまえ主なるイエスよ 叫び祈る声に

起こしたまえ立たせ給え 倒れ沈む我を

 

重苦しい時間の果てに訪れる空気は何だろう・・・

聖書は言う・・イザヤ書53章5節

『彼は私達の背きのために刺しとおされ、私達の咎の為に砕かれた。

彼への懲らしめが私達に平安をもたらし、彼の打ち傷によって、私たちは癒された。』

Please reload

ソーシャルメディア
タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2016 by Choufu Minami Crist Church . Proudly created with Wix.com

  • Facebook Social Icon