Please reload

最新記事

■キリスト者の住処/Ⅰコリント11:1~9

キリスト者の居所、それは単に私の住所ではない。

この世に於ける住処というより、イエスと生きる次元であり彼と生きる時間である。

このような言い回しをする様になったのは、数年前に学んだ一年半の聖書問答からだった。

ヨハネ福音書を徹底して一節ずつ、それこそ舐めるようにして取り組んだ。

ヨハネが何を言いたかったのか、そこだけに首を突っ込んでみた。

使徒ヨハネはイエスこそ神である、と一生懸命に訴えていた。

日本の教会は「イエスは御子であると教えてきた。

御子には違いないが、イエスは神である、と私は納得した。

以前は「神さま」「神さま」と言っていた私であるが、今は「イエス」「イエスさま」と呼ぶようになった。

「わたしを見たものは父を見た。」といわれ、「わたしを知っていたなら、父をも知っていたはずです。」とも言われた。

ヨハネ14章のいうとおり、クリスチャンはイエスを知るのが最も大切だと思う。

クリスチャンとは「キリストの者」であり、「キリストのもの」である。

私が居るところはキリストのおられるところ、キリストのおられる所こそ、私が居るべきところと考える。

 

旧約聖書に登場する神は「ヤハウェ」と呼ばれた方。

ヤハウェとは「わたしは有って有るもの」と、主はモーセに自己紹介された。

やがて「ヤハウェ」と呼ぶことを恐れたㇸブル人達は長い間「アドナイ」=「主」と呼んで生きてきた。

あまりに畏れ多くてヤハウェとは呼べなかったのである。

 

イエスという名は、何と身近な名前だろう。

神の方から近寄って来られたのだ。

人間のために、罪びとのために、イエスは近寄ってくださった。

それは私たちが救われる為である。

それ以外に理由はない。

人間が近づこうとして救われるのでなく、イエスが近づいてくれたから救われたのである。

 

私は9月の前半、アメリカに滞在した。

アメリカの田舎町の教会で二週ほど礼拝と教会学校を過ごした。

今回はとても恵まれた。

恩寵そのものだった。

持って行った本は二冊だけ。

一冊は当然乍ら聖書。

もう一冊は「高倉健」さんを、ジャーナリストが追っかけて書いた事実に近い本。

俗的な興味本位ではなく、真実の健さんを知らされた。

読みたくて買った本だが、中々読めなくて、ずっと書棚にあった。

大好きな健さんであるが、非常にクローズな私生活を送ったスターだった。

スターの中のスターである。

健さんは死んでいなくなっても、骨だけになってもスターであり続けるひとなんだ、と思った。

映画からは知ることが出来ない健さんであるが、彼の人生と死後からは、人間の儚さがスターであるがゆえに痛烈な思いにさせられた。

 

私達も必ずこの世を去る。

そしてイエスと会える。

クリスチャンであるならば・・・。

イエスという存在を人生と自分で受け入れたのであれば・・。

結局、この一点だけが、この人生で間違いなく輝き続けるものだ。

死んでよみがえられた、たったひとりの方。

イエス・キリストは生きておられる。

すべてのクリスチャンこそが、キリストの住処であるように。

 

Please reload

ソーシャルメディア
タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2016 by Choufu Minami Crist Church . Proudly created with Wix.com

  • Facebook Social Icon