Please reload

最新記事

■イエスはいわれた、わたしは生けるパンである。/ヨハネ6:41~51

日本人は全体的に神様という言葉が嫌いではない。

でも、時と場合によっては「何となく、うっとうしい呼び名」でもある。

個人的には毛嫌いしないが、大勢の前になると隠していたいものだ。

大体が、お祭りや御神輿は大好きでも、別に何の神かに関心はない。

関心がないというよりも、深入りしたくないのか。

つまり「さわらぬ神に祟りなし」。

 

大和民族は何かにつけて、神々を祭り上げてきた。

太陽、月、海、川、山、泉、沼、岩、木、自然界そのものを神にしてしまう。

そして人間そのものも祭り上げてきた。

生前は迫害しておきながら、死後は神にされた「菅原道真公」の例もある。

軍神、つまり様々な戦いで死んだ御霊を祭ったのが靖国神社。

一つ合点が行かない部分がある。

それは「合祀」は出来るが「分祀」は出来ないらしい。

御霊を祀り込む(合祀)ことはできても、分祀(除く、取り出す)は出来ないそうだ。

但し決めごとを作ったのも合祀したものも、つまり人間である。

人が決め、人が祭儀を執り行うので、「初めにひとありき」なのだ。

人は見えない御霊まで扱えるのか、と思うと何とも理解しがたい。

 

新約聖書に書いてある聖句にドキッとさせられた。

「わたしの肉を食べ、わたしの血を飲むものは・・・」ヨハネ6章にある。

そして言う、「アーメン、アーメン、人の子(イエス)の肉を食べ、またその血を飲まなければ、あなたがたのうちに、いのちはありません。」6:53

 

教会によって行う度合は違うだろうが、殆どは礼典として行われる「主の晩餐式」。

イエスが十字架に掛けられた前日の夕刻、弟子たちと共に晩餐の時を持たれたことに起因する。

その際、イエスはご自分の受難を告げられ、ひとりひとりにパンを裂いて渡され、盃を与えた。

イースト菌の入らないパンは裂かれる主の御身体として、葡萄酒は流れでる罪なき主の血潮としての意味を持つ。

十字架の道へと去って行かれる直前、語られた言葉は弟子たちへの遺言であり、教会への宣言であり命令だった。

再び主イエスが来られるまで、教会とキリスト者は「イエスの身体と血潮」に意味を語り継ぐ。

主イエスは誰の為に、何のために血を流し死なれたかを再認識し、そのわけを未来へ伝えるのである。

 

私はこれを式(セレモニー)として扱うことを由としない。

それは式であっても式にすべきではない。

イエスを信じ、イエスと生きるのは決してセレモニーではない。

イエスと生きること自体が現実の今であり、生の日々である。

罪だらけでしかない生身の自分だからこそ、聖なる生ける主と過ごした人生という日々である。

キリスト教はこの世で唯一、人間に救いを与える道である。

イエスが道で、イエスが真理で、イエスがいのちである。

何が何でもイエスがすべてである。

それは「世の宗教」とはまったく違う。

宗教ではない、道なのである。

教えとしての道ではない。

イエスご自身が道であるからだ。

だから、イエスを求めイエスと歩む。

『神は死んだ者の神ではない、生きた者の神である。』とイエスはいわれた。

唯一まことの生ける神が、どうして世の宗教に肩を並べ得ようか。

イエスを食べ、イエスを飲むという言葉の意味が分かれば、彼という深み、いや高さを知るだろう。

聖餐式のパンは食べるためにあるのではない。

イエスを食べ、イエスを飲むためにあるのだ。

「わたしを食べる者も、わたしによって生きるのだ。」ヨハネ6:57

「このパンを食べる者は永遠に生きる」ヨハネ6:58

「わたしの肉はまことの食物、わたしの血はまことの飲み物である。」ヨハネ6:55

 

私は間もなく信仰歴42年。

当初、自分の中では今更と思いつつも、とにかくイエスを知りたかった頃。

ヨハネの福音書を必死に取り組んだ。

註解書は使わず、へんにかき回さず、聖句の真意だけに取り組んだ。

使徒ヨハネの大胆であり、且あきらめない姿勢が伝わってくる。

「彼が神だ」「イエスが神だ、他にない。」ヨハネの叫び声が聞こえて来そうだった。

そしてヨハネ14:6が書かれた理由が迫った。

 

29年前、神学校に通い始めた3年間。

私の思いは、いつもイエスに向かっていた。

「イエスさま、今日だけ守ってください。明日はどうでもいいから、今日だけ守ってください。」

これが毎日の決まり文句だった。

電車に飛び乗れば否応なく新学校。

だけど飛び乗るまでの心の中は、毎日が葛藤。

仕事は途中の三時過ぎに切り上げ、着替えて車で駅へと向かう。

兎に角、三年間だけは、と思った。

それで義理を果たせるから・・・それで終わりだから。

義理、義理の信仰はギリギリでもあった。

40代真ん中の貴重な時間を捨てているようにさえ感じた。

でも私には不可欠な三年だった。

イエスさまに返すべく精一杯の恩返しと思ったが、アガペーには太刀打ち出来なかったということ。

Please reload

ソーシャルメディア
タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2016 by Choufu Minami Crist Church . Proudly created with Wix.com

  • Facebook Social Icon