Please reload

最新記事

■見よ、主のしもべ達を/使徒4:16~31

第二コリント6:2節

神は仰せられた、「見よ、今は恵みの時。見よ、今は救いの日。」

この「見よ」とは、今生きているこの瞬間、この環境、この時間に於いて、上なる神を見上げよ、である。

 

イザヤ書49:8

主はこう仰せられる。

「恵みの時に、わたしはあなたに答え、救いの日にあなたを助けた。」

 

もし、あなたがクリスチャンであるなら、主があなたに臨んだ過ぎし日を思い出して欲しい。

あなたの魂に語り掛け、あなたに霊を賜り、臨まれた主キリストとの出会いの日を。

もし未だ、あなたが救われていないとしたら、あなたに救いを与え給うお方が、あなたの心に問いかける時が来る。

それはいつなのか、誰にも分らない。

どのようにしてかも分からない。

やがて後、知るのは、あなたとあなたのキリストだけである。

その時にあなたが何をしていようと、何を考えていようと、「神の時」到るなら、それは必ず来る。

 

旧約聖書の中で年代は異なるがヤコブという人と、モーセという人が登場する。

この二人、時代も環境も生き方も違ったが、共通点があった。

一つに二人とも逃亡者であったということと、両者共にヤハウェなる神信仰に希薄だったということである。

逃亡者とは神の前から逃げ、運命からも逃げていたということだ。

ひとはいつだって、神の前から逃げる。

なぜか逃げる。

それは自分のしたことが、神に対して恥ずかしいからか。

二人とも、神の前から逃げた積りで、荒野に生きていたのだ。

だが、荒野にも神はおられた。

ずっとずっと神は彼らの上におられたのだ。

彼らに信仰の芽さえない時から、神は彼らを待っておらえた。

 

一番の大切な問題は、「信仰とは人から出ることではなく、それを与えるは主である神」であるということだ。

人が先ず考える信仰なら人間中心の理念と地に帰する結末であり、神が下さる信仰なら永遠へとつながる。

それは当然であるが、二つには完全に天と地ほどの違いがある。

かけ離れ過ぎていて、比較も出来ないということだ。

残念ながら、地に生まれついた私たちには、天に届く梯子も、宙を駆け巡る信仰も思いつかない。

他方、御霊なる神から生まれた信仰は、地に基づく道理も手段もまったく必要ない。

ヤコブもモーセにも、まず出会って下さった方は、ヤハウェという神である。

その方を見上げるべく、イザヤ書もコリント書も「神を見よ」といっているのだ。

 

基本的に私達は何を見ようと、何をしようと、取り敢えず自由である。

但し、自由には前向きな自由と、否定的な自由がある。

前向きな自由に生きようとするなら、人間は力と思いが必要である。

否定的な自由に向かうなら、エネルギーなど大して必要ではないし、必要なものは退廃的観念で十分かもしれない。

私が若い日には、否定的な生き方と知らずに、否定的に生きていた。

だが、気持ちのどこかで光りに向かっているとは知らなかった。

欲しいものの為には努力もしたが、本当に価値あるものには目もくれなかった自分がいた。

自分がクリスチャンになって暫くしてから、そういう自分であったと、イエスに見させられたのである。

それを「若気の至り」とは呼ばない。

それは「単なる罪びとの道」とでも言うしかないだろう。

最たる原因は「キリストを知らなかった」ということなのかと思う。

つまり、クリスチャンになったから、皆がキリストを知っているのではない。

キリストを避けているクリスチャンだっていないとは思わない。

遠い昔のヤコブだって、モーセだって、仮に時代を重ねれば「キリストをよけていた」のかも知れない。

事実、聖書に登場する多くの人が、キリストをよけて、さけていた。

ニーチェという哲学者が言ったそうだ「神々は死んだ」。

私はあながち間違っていないと思う。

イエスは確かに死なれたのである。

但し、彼は死んだが、見よ、主はよみがえられた。

神であるから少しもおかしくないではないか。

神が、あの慈し深い神が、こんなゴミのような私の為に、血を流し苦しんで死んでくれたなんて。

勿体なくて堪らないではないか。

 

イエスを信じる者は救われる!

キリスト教の根幹はここにある!

よみがえられたから、クリスマスが始まった。

よみがえられたから、信徒が起こされ、聖書があり、教会がある。

すべては「イエスがよみがえられた」ことにある。

彼こそ神である!

 

あなたは本当に神と和解しただろうか?

クリスチャンであるなら当然であると思うが、当然でない方もいるのだ。

非常に大切な問いである。

中には和解したかも知れない、と言う人がいて、でも喧嘩もしないと言う。

信仰の道は喧嘩の道でもある。

喧嘩の相手は、もしかしてイエスかも知れない。

同時に喧嘩の相手は自分かも知れない。

どこの誰かではない、あなた自身が喧嘩の相手であり、イエスとの喧嘩が信仰を押し留めていると言ったら、あなたは怒るだろうか。

これって、単に私の経験だけなのだろうか。

「恵みの時に、わたしはあなたに答え、救いの日にあなたを助けた。」イザヤ49:8

 

Please reload

ソーシャルメディア
タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2016 by Choufu Minami Crist Church . Proudly created with Wix.com

  • Facebook Social Icon