■ どうか二番を一番に / マタイ16:24~26 (2008-11-16)

あなたの中で、誰が一番の価値を持っているだろうか? あなたの神(キリスト)はあなたの中で最も高い位置におられるだろうか?

質問が単純過ぎるであろうか? 愚問であろうか? そういった観点で考えるものではない、と言われるだろうか?

ならば視点を変えて問う。あなたの神は何?

「二番を一番に」これが今週のテーマである。 つまり、キリストは人々の心と生活の中で、いつも二番か三番ではないだろうか?と思い、このようなテーマを考えた次第である。 熱心なクリスチャンは、案外イエスが二番か三番であったりする。 つまり、熱心さと一生懸命が一番になっていることが多々あるからだ。 だから、熱心よりは謙虚とか謙遜がいい。だが、これは私など一番縁遠いものに思える。 Humble(ハンブル)、つまり自己卑下でなく、生まれつきの消極性でなく、主を主とする、神を神とする故の謙虚、が良い。 謙虚になるのではなく、キリストによって「ならされた」が、良い。

キリストに出会って、どうしようもない己が罪を知り、十字架に拠らなければ、如何ともし難い泥沼の様な自分の内側を知った者だけが、謙虚にならされる、なる、のだと思う。

主イエスは言われた。「わたしの弟子になりたいと思うなら、自分を捨て・・」 そう、彼の弟子になりたい。自分を捨てたい。 そして、どうなるのだろう。

軽く想像してみた。 1、単純に言うと、今までの価値観で二番だったのが、突然一番になる! 2、更に別の表現では、「今までの人生がひっくり返る」とも言える。 3、更には、「ああなればいいのに」「こうなればいいのに」と思っていたことが、

  「どうでもよくなる」・・・こりゃ、大変なことだ。 4、ラスト、『最悪!』と思ったことが、「案外そうでもない」と、なる。   いわゆる、人生観が真っ逆さまになるのだと思う。   しかし、人はそうなることが怖いのだ。私も同様である。

だが、ひっくり返るほどに変えられなければ、イエスさまの弟子たる素晴らしさは分からないのでは、と思う。いつも中途半端な生き方だから、弟子の道が重くて辛い。 しかし、「人の子には枕する場所もない」と言われた方の人生が、どんなに素晴らしいものかは、同じ枕を使ってこそ、分かるというものだ。 すべてを失って分かるキリストの弟子への道か・・・ う~ん、素晴らしいことだと感じる。でも、怖い・・・と言うべきか。ウウ、アーメン

最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2016 by Choufu Minami Crist Church . Proudly created with Wix.com

  • Facebook Social Icon