■十戒とキリスト/出エジプト20:1~4

本来、聖書が教える神は漢字が現す意味の「神」ではない。 日本語に訳したからそ、うなっただけである。 ヘブル語ではYHWEヤハウェと呼ばれた方。 モーセがエジプトに派遣された際、彼は主に問うた。 もしエジプト人が「お前が言う主とは何ものだ?」と聞かれたら何と答えましょうか? 主は仰せられた「わたしは在って有るもの」と言いなさい。 当時、私にとって、この呼び方は非常に意味があると思ったし、今だからこそ更に思う。 日本には神々が800万もあるそうだ。 だから、「八百万」と書いてヤオロズと読む。 日本人は世界でも名だたる「神作りの名人」かも知れない。 約40年前、クリスチャンになって間もない私なのに、当時通っていた小さな教会は、 私を教会学校の教師にしてしまった。 任せるほうも受けるほうも考え物ではあるが、何せ人手不足だったから他に策がなかったのだ。 四月第一の日曜日、テキストは「ヤオロズの神々」についてであった。 その朝、イエスは私の心に語られた。 「この幼い子供達に唯一、まことの生ける神を教えなさい。」 あの朝、私はこの生涯を通して働くべき方向性を導かれた思いがした。 十戒の冒頭、「あなたには、わたしの他に他の神々があってはならない。」 これが律法の第一番目である。 英語で言えばショッパナから「You shall not !」という非常に強い否定形である。 主の選民イスラエル人達が、仮にカナン地方の偶像を拝んだとしたら、彼らは主に対する大罪「姦淫」を犯した重罪人とされた。 聖書は幾度も言う、「あなた方は姦淫の民である」と。 それに比べたら私達日本人で姦淫を犯さなかった人は一人もいな

■新しい葡萄酒と古い皮袋/ルカ5:27~39

『誰でも新しい葡萄酒を古い皮袋に入れるようなことはしません。 そんなことをすれば、新しい葡萄酒は皮袋を張り裂き、葡萄酒は流れ出て、皮袋も駄目になってしまいます。』ルカの福音書5:37 新しい葡萄酒の発酵力は凄まじい。 酵母菌の激しい活動に対して古い皮袋は耐えることが出来ない。 (因みに人類は酵母菌の力ある活動を様々、益となる方向に役立てたのである。) この譬え話は、新しい考え方はそもそも人間自体が変わって行かないと理解することは出来ないということであろう。 いつまでも今まで通りの古い生き方、考え方では対応は出来ませんよ、という警告なのでだ。 今日2017年11月12日、礼拝の中で小学生とそれ以下の子供達に対して「子供祝福式」を行うことが出来た。 可愛い子供たちの顔をみながらふと考えたものだ。 この子たちも実際は古い皮袋なのだろうか? そう思いたくなくても、事実はそうなのである。 やがて子供達はイエスに出会って、自分の罪を示され、新しい皮袋に変えられねばならない。 神のことば、キリストの言葉は常に新しいのである。 引き換えて、人間はいつの時代も古い皮袋のままなのである。 ひとは大人でも子供でも、イエスに出会わねば所詮古い皮袋でしかない。 旧約聖書は果てしなく遠い昔のお話だと錯覚しているのは、人間達である。 現代の私達よりも、神に向かう彼等の姿勢は、新しい皮袋であったと思う。 人間はすべて古い皮袋で生まれて来て、神に出会って新しい皮袋になる。 つまり、人間はすべて皆、古い皮袋であり、神は永遠の昔から常に新しいのである。 だから、神の言葉を読んだり、聞いたりする時には、私達は開かれた

最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2016 by Choufu Minami Crist Church . Proudly created with Wix.com

  • Facebook Social Icon