■私たちを見なさい/使徒3:1~16

イエスが伝道を開始された初期の頃、初めてペテロに出会われた瞬間、彼の目をじっと見て言われた。 「ヨハネの子、シモン、わたしはあなたをペテロ(岩)と呼ぶ。」 岩は何年経っても岩であって、砂ではない。 イエスはペテロの未来人間性像と、その内面を見通されたのである。 確かに初期の岩(ペテロ)は何とも弱かった。 強いのは人間的な面だけだった。 しかし、イエスは彼の未来の人間性と信仰を見ておられた。 ペテロは早とちりで、そそっかしい部分があり、舞い上がる点もあったが、決して嘘はつかなかった。 つまり二枚舌ではなかった。 一枚岩だったのである。 やがて集まった12弟子の筆頭はやはりペテロだった。 いつの頃からか彼はイエスに対し、自らにおいて忠誠を誓っていた。 愛すべきペテロ、あなたこそメシヤなるキリストにぞっこん惚れられた、弟子の中の弟子である。 何かにつけ、主はペテロに一目置かれた。 それはペテロの責任感、裏表のないリーダー性を見ておられたからか。 主は同じように今の私達だけでなく、私達の将来像を見ていてくださる。 神を信じることにおいて動じない、イエスと生きることにおいてぶれない、そして人は変えられる。 過去こそ、ぶれて、流されたにせよ、やがてはそうでは無いのだ。 何が私達を変えたのか。 変えた方は神である。 確かに人は失敗、失態、恥を掻かされて変わることが少なくないであろう。 しかし、人生の底辺でキリストに出会わずして人は変わり様がない。 ペテロは無学であった。 ガリラヤの田舎で魚を漁る男に学問は必要なかったであろう。 漁師に律法やギリシャ語は必要なかったであろう。 だが、神は彼を「

■死ぬも生きるもキリストと/コロサイ3:1~10

私は自由です、とは何をもって自由と言うのだろう? 何でも出来る、何でも言える、遊ぶことも楽しむことも何だって。 昔は、これが自由だと思っていた。 しかし、聖書において真の自由を学んだ。 そして理解した。 あれは自由ではなく、端に自由を取り違えた罪の結果であったと。 勇気とは、恐れず前に進み、弱気などしまいこみ、命さえ賭けて戦う。 と、昔は思っていた。 しかし、神の前においては違っていた。 真の勇気とは、先ずキリストに導きをゆだね、神の前にへりくだって生きることだと。 クリスチャンにとって大事なことは幾つもある。 だが、一番大事なことは、イエスと自分の関係を聖書からはっきり知ることだと思う。 自分の感じ?考え?惰性?経験?すべてNO!である。 生きるはキリスト、死ぬこともまた益である、とパウロは言った。 ここで言う死とは、いわゆる肉体が死に行くことである。 だが、その前に考えるべき大切な死がクリスチャンにはあるのだ。 それはキリスト信じた時に、古い私は十字架でキリストと共に死んだという死である。 だから今は新しい霊性によって生き、新生した者なのだ。 キリストがよみがえられた様に、私達もキリストと共に新しいいのちに生きるのである。 新しくされたことは自覚できたが、残念ながら「古い自分が死んだ」という点を認識していなかった。 まあ、取り敢えずは生きている内に気がついたから良しではあるが、随分時間を無駄にしたような感は否めない。 新生とは魂によって生きるのでなく、霊性、つまりキリストのいのちに生かされるのである。 頑張って人生を生きるというより、キリストに生き、キリストと生きるのである

■あなたは誰のもの?/ヨハネ17:1~11

例えば、世の中の夫婦の心を覗いて見たとして・・・ 結婚したての男女の思いは・・・ 私はあなたのもの、あなた私のもの、であったとする。 実に美しかったのである、あの頃は。 欲しい物など何も要らなかったのではない、買えなかっただけである。 それでも他には何も要らなかった、物などは。 お互いが目の前にあるだけで、生きている幸せを実感していたのだ。 結婚生活30年経った夫婦の場合・・ いつの間にか二人の間の温度が変わっていた。 私のものは私のもの、あなたのものは私のもの、あなたのものなど何もない・・ ヨハネ17章の中で、イエスが父に祈っている。 「わたしのものはあなたのもの、あなたのものはわたしのものです、父よ。」 美しいやりとりである。 ここで「やりとりされているのは何か」というと、それは当時の弟子達であり、後にイエスを信じて救われたクリスチャンのことである。 父とイエスが最高の宝をやりとりされている。 その宝とは、私達クリスチャンである。 文字通り、「わたしのものはあなたのもの」です、なのだ。 そんな価値が私達にあるのだろうか?と感じるのは人間であって、神にとっては高価で尊い、目の中に入れても痛くない存在なのである。 父は最愛のひとり息子であるイエスを、十字架という代価を払ってまでして手に入れたいと願ったのが、人間の魂である。 なぜそこまでされたのか? 放っておけば、どの魂もみな「永遠の滅び」へと落ちて行くからだ。 見て見ぬ振りなど出来なかった。 律法でも救えなかった。 奇跡でも人の魂の好奇心を買った程度だった。 最後に父は、身を切るごとく、すべての持てるアガペー(無償の愛)を、地

最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2016 by Choufu Minami Crist Church . Proudly created with Wix.com

  • Facebook Social Icon