■わたしを知る者が父を知る/マタイ4:17~21

イエスの宣教第一声、「悔い改めなさい。天の御国が近づいたから。」 悔い改めるとは、「立ち返ること」である。 立ち返るとは「帰る、戻る」である。 どこへ戻るのか? どこへ帰るのか? ルカ15章の放蕩息子は「父の家」であり「神の下」だった。 一番初めに居たところ、または本来居るべきところである。 私達にとっての其処は「創造主」の懐だ。 人間は神の被造物であるのだから、神の御そばこそが私達の生きるべき場所である。 つまり、人間は神から離れていては、どこまで行っても、何をしても的外れの道、場所、人生にある、ということ。 神から離れてしまった人間は何処へ行ったのか。 それは「自分が良いと思う生き方」の出来る空間である。 そこは「神不在」のところではなく、自分中心に生きる世界である。 神は普遍なるお方、どこにでも臨在され給う方である。 本当は神不在の場所など無い。 人間の方から唯一まことの神を離れたのであって、主を捨てたのである。 イエスはそういう人間を見つけて救うために来られた主である。 ヨハネ14章でイエスがいわれた。 「わたしを見た者は父を見たのです。」 この言葉は父とイエスの関係を非常に分かり易く語っている。 イエスは父とまったく同質、同一、であるということ。 父と子という立場は、あくまで人間が理解し易いように、神が位置づけられたものである。 父、子の関係を御霊という本質性において見るなら、それは端なる位格に過ぎず、常に「おひとり」(唯一神)であるということである。 「御霊なる神」であるから、ご自身を「われわれ」と複数で呼ばれても全く違和感はない。 イエスの公生涯の始まり、最初は「

最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2016 by Choufu Minami Crist Church . Proudly created with Wix.com

  • Facebook Social Icon