■我が主、我が神、私のイエス/ヨハネ6:34~40

『神からのパンは、天から下って来て、世にいのちを与えるものだからです。』 イエスの言葉にユダヤ人が聞いた。「主よ、いつもそのパンを私たちにお与えください。」 イエスは言われた、『わたしがいのちのパンです。』 ではクリスチャンであるあなたはいつ、イエスがいのちのパンであることを知ったのでしょう?と、問いたい思いである。 私など当初、苔が生えたくらいに鈍感だった。 第一クリスチャンだから当然理解出来るわけでもないのである。 そういう問いかけをする牧師もいなかった。 実際、生きている今の次元で「いのちのパンを理解する」ことは非常に大切なことである。 イエスを知るとはそういうことだと思う。 彼が『私は道であり、真理であり、いのちである。』と言われたら、「ああ、そうですか、そうなのですね。」では、何とも締まらない。 自分で、イエスという道を歩いて実感するとか、わたしが真理であると言われる意味を知るとか、いのちとは命を超えたイノチであるとか、自分と人生で体験して、掘り直してみることが大切だと思う。 クリスチャンでない人には、とにかくイエスに出会って欲しい。 出会った次には知って欲しい。 そしてクリスチャンには、彼が自ら真理といわれた理由を知って欲しい。 人生でイエスのことを「私のイエス」と感じた、そう思った、ことが果たしてあるだろうか? 私のイエスという感覚に慣れてくると、今までとは違う親しみとか畏敬の念が付き纏うものだ。 彼と生きられることが何というか、楽しいのである。 嬉しいのである。 この喜びは自前のものでなく、内から湧き起こって来るものである。 彼は私たちに対してご自分を「あなたは

■何もしなくてよいのです/ヨハネ6:27~37

「何もしなくてよいのです。」突き詰めるところ、キリスト教はこうである。 人間は常に何かをしたがる生き物である。 祈るより何かをしたがる。 想うより行動だと考える。 確かにそのほうが、「やってる観」は有るし。 残念なことに、私などその急先鋒である。 イエスにまかせよ、ゆだねよという意味は、人は宗教的分野に於ける行動が多過ぎるのではないか、ということである。 つまり、行動することイコール奉仕、して差し上げることイコール信仰深いとなり、何かすることが信仰者として当然となる。 一概に言い切れないかも知れないが、人が動いたからと言って、その分だけ神が助かるということがあるのだろうか。 人が神の先を行っているような気がしてならないのは、私だけだろうか。 神は人間に助けて貰うことなど求めていないと思う。 助けてもらうのは人間であるのに、神を動かす人間になっているのかも。 それよりも、「静まりて、われの神たるを知れ」(詩篇46:10)といわれた言葉が重い。 「ひとよ、あなた方は騒がずに静まりなさい。そうでなければわたしを知ることなど出来ないのだから。」と主はいわれている。 或る日、群衆がイエスの前に押し寄せて来て問うた。 『先生、神のわざを行うために、私たちは何をすべきでしょうか?』 イエスが答えられた、『あなた方は、神が遣わした者(つまりイエス)を信じること、それが神のわざです。』(ヨハネ6:29) イエスを信じること自体、既に人間のわざではない、とイエスはいわれた。 この辺から既に人間は勘違いをしている。 自分が信じたイエス、自分が信じた神、自分が、自分が・・・既に自分が先行、主体である。

■モーセがあなたは我が目と言った男/民数記10:29~36

イスラエルの民、子供から大人まで数十万人を引き連れ、エジプトから約束の地カナンへと荒野を旅するモーセとイスラエルにとって、すべての面で危険要素をはらんだ旅だったが、特に危険と思えることは自分達の居る位置を見誤ることと、水場を見失うことだった。 出エジプトは荒野の中で40年という膨大な時間の旅だった。 だが、何よりも彼らにまとわりついた死の危険は迷いでも水問題でもなかった。 それが何だかお分かりだろうか? それは「彼らの神に対する不従順」だけだったのである。 その証拠には水が無くて死んだ記事はない。 食料が無くて死んだ記事もない。 数限りなく多くの人々が死んだ原因は、彼らの「神への反逆心」だった。 実にイスラエル民族が生きる道は、ひたすら主なる神YHWEに従うことだった。 その一点だけだったのである。 私が昔、イスラエルツアーを体験する以前は、イスラエル民族のYHWE(ヤハウェ)に対するあまりに不従順な生き様であった。 聖書を読んで行くと、何かにつけ、モーセに、神に、逆らう民を見て、彼らは何と不従順、不信仰、我儘な民であろうかと呆れていた。 しかし、いざ自分がイスラエルの荒野を見て、自分の足で一歩その地を踏んだ瞬間、「これは日本人には、とても無理だ」と悟ったものである。 聖書を読んでイメージすることと、直接的に現況を目の当たりにすることは天と地の差がある。 砂漠へ足を踏み入れるとは、そこから先は自分の死を背負うことである。 この日本には水が無い場所などない。 どこにでも種を蒔けば芽を出す。 蒔かずとも草は芽を吹く。 だが、一年の半分以上の乾季には草一本さえ生えず、僅かに砂漠特有の

■500デナリの罪/ルカ7:36~47

牧師生活60年の先生の言葉 「何ごとか、為したきものと勇み立ち、危うく神を忘れんとす。」 とても正直な先生だと思った。 人生のあらましを「主のしもべ」として、神の言葉に仕えた人の実感のこもった言葉は殆どのクリスチャンの共感を呼ぶだろう。 60年と言うキャリアが傲慢をもたらして当然であるし、プライドも当然であろう。 しかし、どっこい先生はサタンの手管に乗らなかった。 正直が一番であると思う。 だが、実際はちょいちょい顔を出そうとする人間のおぞましさを、腹の底に押し込んで生きている我が身である。 パリサイびと、熱心なユダヤ教の教派である。 ユダヤ教には、もう一方にサドカイ人びとという教派があった。 両者の仲は決して良いとは言えないが、ことイエスに関しては気が合ってしまうのである。 でも教会の聖徒たちには、そういう輩はいないのである。 人間臭い部分など無いとは言わないが、やはり神の家族であり、兄弟姉妹だからである。 思い起こせばローマの総督ピラトと、ユダヤの王ヘロデは元々非常に仲が悪かった。 置かれた立場と政治的局面の思惑はぶつかるも、互いへ警戒心と欲望はひた隠しにしていた。 そこには権力者の座を維持するためには止むを得ない現実を知り尽くしていたからだ。 だが、その二人さえ、イエスをどう裁こうかという時、なぜか仲が良くなったのである。 つまり憎しみ合う二人であっても、互いに共通する敵が見つかれば、同じ釜の飯も食える仲になるということか。 或る日、パリサイびと、シモンはイエスを自宅にイエスを招いた。 イエスに対する好奇心もあったのだろう。 すると、その家をパリサイびとの家と知ってか、知

公開サイトやスマホから記事を作成

ブログ記事の作成がより簡単に、スムーズになりました。Wix エディタにアクセスすることなく、デスクトップやスマホから公開サイトにアクセスすることで記事を作成して公開することができます デスクトップから記事を作成するには まずは Wix エディタからサイトを公開してください。公開サイトにアクセスし、ご利用の Wix アカウントでログイン後、記事の作成、編集、コメントの管理、特集記事の設定など様々なことが行えます。縦に並んだ3つのドット ( ⠇) をクリックしてご利用できる機能をご確認ください。 公開サイトにアクセスして、ブログをいつでもどこからでも作成、管理。 スマホから記事を作成するには まずは Wix エディタからサイトを公開してください。公開サイトにスマホからアクセスしてご利用の Wix アカウントでログインしてください スマホから記事の作成、会員のフォロー、コメントの管理など様々なことが行えます。 #休暇

本格ブログをデザイン

Wix ブログを利用することで、本格的なブログをデザインすることができます。様々な機能がつまったブログをお試しください。 8つの本格レイアウトから自由に選択 Wix ブログでは8つのレイアウトから自由に選択していただけます。レイアウト「タイル」を利用することで、訪問者が興味のある記事をかんたんに視覚的に見つけることができます。「シングルカラム」を利用することで、訪問者はひとつの記事をじっくりと読むことができます。 それぞれのレイアウトには、最新の機能がつまっています。訪問者は記事を Facebook や Twitter でワンクリックでシェアすることができ、また「いいね!」の数やコメントなども確認することができます。 記事にメディアを追加 記事の作成に以下のようにメディアを追加: 画像や GIF 画像を追加 動画や音楽を埋め込む ギャラリーを作成してメディアを表示 メディアを拡大表示したり、または記事に合わせて小さなサイズで表示することができます。 記事にハッシュタグを追加 ハッシュタグを効果的に利用しましょう! 記事にハッシュタグ(#休暇 #夢 #夏)などを追加してより多くの読者を獲得しましょう。読者はハッシュタグを利用して興味のある記事をかんたんに検索することができます。

ブログでコミュニティを広げましょう

サイト内で読者コミュニティを広げたくありませんか?Wix ブログにはサイト会員機能が自動的についており、ブログの読者はあなたのサイトに会員登録することができます。 サイト会員ができることは? サイト会員はお互いにフォローし合うことができ、またコメントへの返信やブログからの通知を受信することができます。ブログ会員はそれぞれプロフィールページを持つことができ、自由にカスタマイズできます。 ブログコミュニティを広げよう ヒント: サイト会員を執筆者に指定することができ、ブログ内に自由に記事を投稿することができます。複数の執筆者をブログ内に追加することで、より豊かなコンテンツを作成することができます。 執筆者の追加方法: サイト会員ページにアクセス 執筆者に指定したいサイト会員を検索 プロフィールをクリック 3つのドット ( ⠇) をクリック 執筆者に設定してください

■Be a professional!/マルコ2:1~12

今回のメッセイジタイトルは25年間の中で最も過激なものだと思った。 『Be a professional!』個人的には、どうせ生きるならプロでやれ!とでも言いたかった。 プロと言っても技能とか腕前によるものではなく、キリストの前に生きる生き方であり、主と共なる人生に於いてのプロである。 別に宣教師だの牧師だのといった教役者になれ、という意味ではない。 今を、この瞬間を生きることにおいてである。 折角この世に命を受け、ましてやイエス・キリストが出会って下さったとすれば、それくらいの思いで聖書と信仰に取り組んでみてくださいよ、である。 たらたらと生きるのでなく、生かしてくれている創造主を意識して、イエスと相撲でも取ってはいかがですか、という思いである。 クリスチャンのプロってなに?と言われそうだが、私とてはっきり知ったわけではない。 但し、幾つかの点なら思い浮かぶ。 例えば、信仰の基軸がぶれない、ええ恰好しぃでもない。 人の目をいっさい気にせず、イエスの前に生きるとか。 イエスをいつも真直ぐ前に見るひと。 自信があるからよりも、イエスが共におられるからと信じるひと。 多分、色々言えたにせよ、結局は「イエスについて行くキリスト者」ということである。 そこで、世の中には「自分なりのキリスト教」をやっている人と、「彼(イエス)について行くキリスト教」が、あると思う。 大きくわければ、すべてのクリスチャンはこの二つの部類に収まると思う。 「自分なりの」とは、礼拝に参加していても、聖書の学びをしていても、一見熱心に見えても結果的には常に自分が最優先になっている場合である。 (私などこの域を抜

最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2016 by Choufu Minami Crist Church . Proudly created with Wix.com

  • Facebook Social Icon