■神のテリトリー(領域)/創世記24:1~15

アブラハムがひとり息子イサクの嫁さがしに腐心していた頃。 彼等が住んで居たカナンの地にも、アブラハムという族長の跡取り息子イサクに娘を嫁がせたい親は十分いた筈である。 だが、五穀豊穣の男神、女神を祭りあげているカナン人の地には、イサクに相応しい嫁候補は求めなかったし、宗教モラルに関するアブラハムの心の隙間は1ミリ程も無かった。 それはヤハウェなる神、唯一まことの生ける神を家長として信仰して行くことが、彼の唯一の目当てだったから。 家長の神がヤハウェであるなら、妻も子供達も父と同様に主に仕えたのである。 アブラハムが自分の弟ナホルを思い浮かべたとき、可能性としてパダン・ハラムに住んでいる孫娘を想像した。 アブラハムが念には念を入れて約束を誓わせた相手は、長年仕える最長老であり信頼出来る男、アブラハムと思いが一つになれる忠実な「しもべ」だった。 ここにアブラハムが「しもべ」に誓わせた言葉がある。 一つ目、ナホルの住む町に行き、親族の中からイサクの嫁を見つけること。 二つ目、決してイサクを彼の地へ連れて行かないこと。 三つ目、その娘が「しもべ」について来ない時、その時点で誓いは解かれること。 文字通り、「アブラハムの人生」とは、神が彼に約束され、その「約束の成就の過程」が綴られたものであった。 今、人生の集大成は「イサクの嫁」を見届けることであり、それこそが最終章へと向かうことだった。 それは凡そ25年前、ペルシャ湾に注ぎ込む河口から流れに沿って上り、ユーフラテスをはるかに上流へ、そしてパダン・アラムから左へ急降下し、カナンを目指したアブラハムと家族の旅は、主と主の約束を信じ、従うゆ

■?も悪くはない/創世記22:1~12

至極当前のことではあるが、人間は神を知り尽くす(見極める)ことなど皆無である。 但し、キリスト教が伝える神は、人間の魂を救済するために、ご自身がひとのかたちをとってこの世に降りて下さった(クリスマス)ことで、信徒としては神を知ることにかけて大きな助けとなった。 そして日々聖書を読み、礼拝に出て同信の友と知識を高め合って行くと、何となくというか、神を身近に知ったという思いは増し加わる。 だが、単に聖書の中で知り得た知識を並べることだけを主が求めておられるとも思わない。 そして、イエスの言葉が響いてくる。 「子供のように神の国を受け入れる者でなければ、決して其処に入ることは出来ません。」マルコ10:15節 子供の様に・・・小さく弱く、未熟で低い者となれ・・・。 僅かなことで高慢になり、外向きは謙遜の様でも内側は尊大な者では、パリサイびとそのものである。 考えれば、クリスチャンほど身丈半分の心を求められている存在は他に無いかも知れない。 それは唯一、まことの生ける神に直接的に関わっているからだ。 主ご自身が、すべての栄光と誉と御座を捨て、この世という人間の罪渦巻く世界に来られ、人間に対して徹底的に仕えられた方がイエス・キリストである。 そのことをいつも心と体で意識しているとすれば、決して高ぶった心にはならないだろう。 であるのに、どうしてか全くその逆の思いがつきまとい、支配される悩みに迷うのは、私だけではないと思う 「どうして人間とはこういう者なのだろう?」と地べたを見る。・ 「私は本当に惨めな者です。だれがこの罪の身体から私を救い出してくれるのでしょう。」と使徒パウロは拳で胸を打っ

■アンテオケの夜明け/使徒の働き11:19~26

シリヤのアンテオケ、その地はイエス・キリストが世界宣教への足場を固められた地であった。 イエスが復活され、そして天に挙げられた後しばらくは、救い主イエスという存在はユダヤ人だけのメシヤ観だったこともあり、イエスの死と復活の福音情報はユダヤ人だけにしか語られなかった。 ところが、キリストの弟子迫害により離散して行った人々の中には、生まれて何世代かを外国で生きて来たユダヤ系の人がいた為、アンテオケに到着して以降、彼らはギリシャ人にもイエス・キリストに関する情報が伝えられため、「救い主イエス」を信じ受け入れる異邦人が多数現れ始めた。 聖書は言う、「主の御手が彼等と共にあったので、大勢が信じて神に立ち返った。」 福音伝達、そして救霊拡大に必要なことは、働く人間が必要であること以上に肝心なことは、「主なる神の御手が彼等と共にあった」ことだと思う。 人間が計画して、人間が実行するだけなら、それはこの世の作業でしかない。 福音の拡散・拡大は奉仕する者達が、彼らの上に神の御手が置かれたことを意識するに掛かっている。 主に呼ばれ、遣わされて、用いられてこそ、福音は世界に広がったのである。 現在のキリスト教を見る時、二千年を経て民族、そして部族の言葉にまで訳された神の言葉の存在は、主である神の御手と、主に仕えた人々があったからである。 シリヤのアンテオケという町で、弟子達は「その道の者」という呼ばれ方から、「キリストの輩」(やから)、つまりクリスチャンと呼ばれ始めた。 輩とは、「幾人かの群れ・連中」を総じて卑下、揶揄した呼称である。 クリスチャンという呼称は、アンテオケの一般の人々がつけた呼称であ

■イエスは神/ヨハネ2章:13~25

克己心(こっきしん)ということば、自分の弱さを克服しようという心意気だと言う意味。 ひとそれぞれは大方が取り組んで来た、己の心を鍛えること。 ああ、それなのに、それなのに・・・ 見事な惨敗ぶりだった。 箴言18:14が言っている。 『ひとの心は病苦をもしのぶ。しかし、ひしがれた心に誰が耐えるだろうか。』 人の心は鍛えることが出来るのか? あのパウロだって結局負けたではないか。 「ああ、私はなんと惨めな人間なのでしょう。誰がこの死の身体から、私を救い出してくれるのでしょう。」 だが、パウロは他のひととは、かなり違うぞ! そう、彼はイエスを知っていた。 彼は言う、「私達の主イエス・キリストのゆえにただ神に感謝します。」 「イエス・キリストは神の御子~、」なんて言っても決して悪くはないが・・ 但し、私は大声で言いたい、「御子、御子と言ったって、神社で白い着物に赤い袴の巫女ではない!」 もう一つ、「御子イエス、御子イエスと教えられてその気になっている方々、イエスは父の半分にも満たない存在で、いつも跡取り息子で、いつもお父さんの後ろに控えている自信無げな方なのか。」と。 御子イエスは、クリスチャンの祈りの終わり、お印の如く加えられた「のし」の様なものなのか。 聖書をしっかり読んでください。 父とイエスは同神格、一体の神である。 イエスは父のわざを行い、イエスは父の言葉を弟子達に伝えた。 父はイエスによって栄光を現し、イエスを知る者は父を知る。 イエスを通してでなければ、誰ひとり父の元へ行けない。 イエスは父であり、御子であり、天に上られた御霊である。 「三位一体」とは非常に分かり易い表現

最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2016 by Choufu Minami Crist Church . Proudly created with Wix.com

  • Facebook Social Icon