■ 私の主 私の神 (2016-04-24)

復活の主、イエスが弟子たちの前に現れたとき、トマスだけがその場にいなかった。 トマスの中に、自分だけがイエスを見ていないという不公平感と、取り残された不満は他の者に対する投げやりな言葉となっていた。 だから「私たちは主を見た。」という弟子たちの言葉はトマスにとって腹立たしかった。 彼は言った。「私はその手に釘の跡を見、私の指を釘のところに差し入れ。また私の手をその脇に差し入れてみなければ、決して信じません。」 トマスの気持ちは確かに痛いほど分かる思いがする。 その昔、私も宣教師にかみついた。 「天国、天国と言われても、誰か実際に行った人が帰ってきたとして、その人が私の眼の前にいるとしたら、信じよう。そうでなければ信じようがない。」 宣教師は反論して来なかったし、笑みさえ浮かべていた。 それが私にとっては尚更に腹立たしかった。 その半年後、アブラハムの信仰を心と肌で感じたとき、「私もアブラハムが信じた神を信じたい。」と言った。 何を見たわけじゃない。 読んだのは創世記6章から22章までの部分だけ。 新約聖書? わからない。 創世記の他? わからない。 イエス? わからない。 それでも、問われる電話の声におうむ返しに答えたものだ。 「私?罪びとです。イエス?受け入れます。彼?信じます。」 聞かれたから答えただけ。 中身など皆目わからない。 それでいいのか? いいか、悪いか、ではない。 イエスを受け入れたか、否定したか、だけだった。 約12か月間、キリストを意識の中から一切締め出していたのに・・・ 負けた。 無言のキリストに

■ ここも神の国

「ここも神の御国なれば」とい讃美歌がある。 讃美歌というものは、メロディ以上に歌詞の内容が大切である。 メロディは歌詞の内容に添って、書かれるものだと思う。 悲しい歌詞、試練の只中に置かれた人生の詩、希望に向かう歌詞、感謝に満ち溢れる心、歌詞次第でメロディは変わる。 この讃美歌の1番と2番は見慣れた様な景色さえも、神を見る目と心があれば、当たり前に思えない主の御手を感じてしまうと、書かれた抒情詩であると思った。 「降る雨も、鳥のさえずり、花の香、朝陽、夕陽も創造主からの温かな贈り物であり、そよ吹く風さえ神を語る・・・」 こういう心をいつも持ち続けられたら、どんなにいいだろうか、と思わざるを得ない。 3番の歌詞、一転現実に戻されたかの様な感じがするが実はそうではない。 自然界が奏でる美しく優しい囁きの後に、人間の愚かさ醜さが歌の中に書き込まれている。 「ここも神のみくになれば、邪(よこしま)暫しは時を得ても、主の御旨の稍(やや)になりて、天地(あめつち)遂には、一つとならん。」 (邪悪(罪)がしばらくの間この世を席捲したかに見えても、しばしの時過ぎれば神の御旨が事を為す、とある。) 「此処も神の御国なれば」というところは、実にこの地上である。 イエスが御降誕為し給うた故に、此処も神の御国なれば、である。 それ以外の理由など絶対に皆無である。 天の御国は・・・という書き出しで始まる「ぶどう園オーナー」の例話がある。 ぶどう園の話ではなく、オーナーの話である。 ぶどう園の主人は早朝から労務者を雇いに出かけた。 市場にたむろしていた人々にこう言

■ 私のエルサレム

イエスはエルサレムで殺され、エルサレムの墓よりよみがえられた。 私の霊的誕生はイエスの死と黄泉がえりが結果であるが、霊的誕生地といえばエルサレムであると思っている。 エルサレムはシオンであり聖都であり、モリヤの山である。 アブラハムが息子イサクを神に捧げた地は現在、岩のドームがあるモリヤの山頂であるが、イサク奉献の場面に出会い、1978年3月12日私は聖書から信仰に導かれ救われた。 つまり、すべてがエルサレムであった。 私はクリスチャンになど、成りたくなくて礼拝に行っていた。 単に妻と子供に付き合っていただけである。 眼も心も閉じていたのだから、救われる日までのメッセージなど全く記憶になかった。 牧師の説教を聞く姿勢も態度も無関心そのものであったであろう。 自分の無関心な態度さえ記憶にない。 何とも不思議な時間だったが、とりあえず礼拝だけは休まず付き合った。 自分で自分のしていることが分からないとは、このことだろう。 多分、周囲の人は「毎週礼拝に来ているのだから、いつかは救われるだろう」程度だったのか。 そのせいか、当時は誰からも伝道されなかった。 若しくは伝道しない教会だったのか、わからない。 当時講壇の上に掲げてあった年間聖句でさえ、まったく見えていなかったし、意味そのものが無関心だったので「分からない」、が正直な思いである。 そんな輩が3月12日の朝(言っておくが牧師の話からではない)、ひとり勝手な目で創世記を開いていた。 ノアの方舟の記事、ストーリーは知っていたので面白く読めた。 そこからページを読み進むとアブラハムの物語へと移る

■ 見えない理由(わけ)

イエスがよみがえられた日の夕方近く、エルサレムからエマオの村へと急ぐ二人連れがあった。 彼らはイエスの弟子であっが、早朝に起こったイエスのよみがえり の出来事が信じられず、そのことで話は尽きなかった。 陽が落ちる前にエマオに入るべく、沈みかけていた夕日に向かって歩を速めた。 すると、いつの間にか一人の男が彼らに寄り添うようにして歩きながら、話しかけてきた。 「歩きながら、二人で話し合っているそのことは何のことですか?」 すると二人は立ち止まって、暗い顔つきになって答えた。 「エルサレムに居ながら、近頃起こった出来事をあなただけ知らなかったのですか?」 すると、その人は興味深そうに聞き返した。 「どんなことですか?」 ここから弟子たちは、ナザレのイエスに関して説明を始めた。 弟子達がどれほどイエスに期待していたか。 イエスは行いにも言葉にも、力ある預言者だった。 イエスこそ、イスラエルを贖ってくれると望みをかけていたこと。 だが、ユダヤ人指導者達はイエスを十字架につけて殺してしまったこと。 どれもこれも彼らの心から一切の希望を取り去る結末だった。 だが、二人の弟子は急に現れて会話に加わった者がイエスだとは知らなかった。 話をし、顔を見ながら肩を並べて歩く三人であったのに。 いったい、こんな事が起こり得るのだろうか。 彼らは複数年、毎日イエスを仰ぎ、声を聴いていたのに、見分けがつかないなんて。 起こり得る、と私は思う。 先ず弟子たちにしてみれば、イエスは殺され、死んで葬られたという動かせない事実があった。 覆しようがない出来事だった。

最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2016 by Choufu Minami Crist Church . Proudly created with Wix.com

  • Facebook Social Icon