■気だるい朝に/ヨハネ21:1~14

2019年四月の終わり、今は亡き一人のロック・シンガーの事が新聞の小さい記事にあった。 忌野清志朗さん、派手な衣装と歌と人生だった。 だが、多くの人々が彼に親しみを覚え、その歌と歌詞に心を掴まれた。 2009年五月、58歳でその人生を閉じた。 沢山の人が彼の死を悼んだ。 今でも彼は人々の心の中で生きている。 彼が三歳の時、実母が亡くなった。 彼は直ぐに母の姉夫婦に引き取られ、育てられた。 叔母と知らずに育った彼だったが、反抗期には彼女と喧嘩し、そして仲直りする。 ずっとそのまま両親と生きる、と信じ込んでいた。 そして突然、彼女は亡くなった。 そのとき、彼を育てたのは、実は母の姉であったと、叔父から知らされた。 其の後に書いた歌は、小さなフレームの中で微笑んでいる優しい育ての母は「永遠の彼女」になった。 「彼女はクイーン・・」そのフレーズだけで忌野清志朗の優しさが人の心に沁み、そして歌われ続けられる。 ガリラヤ湖面を朝陽が舐めるように照らし始めた頃、弟子達は漁から戻ってきた。 湖面は冷たく朝が遅かった。 しかし、イエスが普通に生きておられた頃とは違い、何とも気だるい空気がすべてを覆っていた。 数日前に、主のよみがえられた事を体感してはいたが、やはり以前のイエスとは異なる方だった。 イエスが傍に来られても、「彼は死んだのだ。」という意識は変わらなかった。 「これから何をどうやって生きようか・・・」弟子の誰もが考えてはいたが、それを口にする者はいなかった。 皆、同じ思いと感情だった。 ガリラヤ湖の美しい湖面さえ、生気を感じられなかった。 弟子達は、まるで長い夢を見ていたような錯覚だっ

■初まりの始り/ヨハネ20:1~20

クリスチャンの大きな勘違いの原因は何処にあるだろう? それは自分など勝利者になれない、敗者であると思い込んでいること。 勝利者になるためには信仰が生ぬるい、足りない・・・これぞ個人崇拝である。 つまり、自分が勝利していないことが問題だと思うことだ。 だが、私生活、問題、過重な重荷、出くわした難問、すべて私が立ち向かって勝利すべきことではない。 神が私達に信仰を与えた給うた意味は何だったのか? 私達が自分を信じるためか? 世が大好きな「自分を信じなさい。」だろうか。 そうではない、キリストを信じるためである。 クリスチャン生活の柱は「イエスの勝利に与ること」これである。 主の勝利が、私の勝利となられた、これがイースターの朝である。 クリスチャンになって長年、聖徒達にまとわり続ける否定的観念。 それは悲嘆、困惑、疑念である。 これらは元来、不信仰に因るところのものであるが、誰もが悩み、陥るネガティブ感情の肉薄である。 これによって信仰も人生も重く暗くなる、誰もが体験する瞬間だ。 キリストは私の悲しみをご存じなのだろうか? 神は私の問題をどうして放っておられるのだろう。 主はなぜこんなに重い荷を負わせなさるのだろう。 何れも深刻な課題となるだろう。 では、何故イエスは勝利されたのだろう? 詩篇の作者も嘆いているが、どこかが違う。 詩篇61:2節 『我、こころ崩折れる時、地の果てより汝(主なる神)を呼ばん。』 彼は「地の果てからであろうと、私は神を呼び叫ぶ。」と言っている。 仮に何処に置かれようと、仮に長年信仰から離れた身であろうと、最悪の状態であろうと、主を呼ぶべきだ。 自分の過去が

あなたも逃げますか?/マルコ14:57~72

過ぎ越しの祭りを控えた木曜日夜、イエスを捕えてはみたが、彼らは何ひとつイエスを追い詰める罪状を手にしなかった。 偽証する者を立ててはみたが、余りに芝居じみていたため、確証を得るには至らなかった。 真夜中のしかも議員の大勢欠席者がいる中での密告裁判だった。 勿論、その裁判には当初から全員の納得するものではなかったのだ。 幾人かの祭司が異論を唱えたが、彼らはその場から追い出されてしまった。 やがてイエスご自身に証言する機会が与えられた。 律法学者が慇懃にもイエスの顔を覗くようにして聞いたものだ、「あなたは、ほむべき方の子、キリストですか?」 イエスは彼を見やりながらいわれた、「わたしは、それです。人の子が、力ある方の右の座につき、天の雲に乗って来るのを、あなた方は見るからです。」 途端、大祭司は着物を引き裂いて怒りを露わにし、イエスを殴り、唾を吐き捨て言った。 「これでも証人が必要か。どうだ、皆、聞いただろう、こいつが神を汚すことばを。」 そして彼らはイエスには死刑にあたる罪があると決めた。 祭司達と群衆に小突かれ、殴られ、倒されながら、イエスは痛めつけられた。 ペテロはその空気の中で、気が動転していた。 イエスを見続けることが出来なかった。 群衆が騒ぎ立てる僅かな隙間から、ペテロはイエスと目が合った。 イエスの御顔は、思わず目をそむけたくなる程に苦しみに歪んでいた。 誰かがペテロを指さして叫んだ。 お前もこいつの仲間だろう、いつも一緒に居たではないか。」 ペテロは激しく手を左右に振って、「違う、違う、俺は彼など知らない。」 別の男も言った、「いいや、確かにお前はイエスと一緒にいた

イエスが主・Ⅱコリント4:17/使徒15:31~41

創造主である神の御目からすれば、人は土の器でしかない。 つくずくそう思う。 人は土地の塵によって造られ、死んでしまえば灰と塵しか残らない。 葬儀を幾度も仰せつかって来て、最後は常に同じ思いを抱かせられる。 つい数日前まで、生きてこの世に存在していた人が、数十分前まで遺体であった存在が、今は僅かな灰と塵だけになってしまう。 霊と魂も消えてしまったのか。 その時点でその人の魂と霊は天の国、神の国へ行かれたのだという実感が迫る。 そこに遺体があっても、それはその人の存在の証拠でしかないのである。 そんな余りにあっけない存在が人間であればこそ、イエスのして下さった偉大なるみわざが尊い。 使徒パウロの言葉。 『私達はこの宝を土の器の中に入れているのです。 それは、この測り知れない力が神のものであって、私達から出たものではないことが明らかにされるためです。』(第二コリント4:7) 聖句が言う、宝とは、力とは? それは私の内に入って下さった「イエス・キリスト」そのお方である。 クリスチャンとは彼によって生かされ、彼によって行動があり、彼を称える心と言葉があり、彼によって歩む人生を言う。 単に「イエスを信じたらクリスチャン」ではない。 彼と生き、彼に死に、そしてまた彼と生きる。永遠に・・・ だからクリスチャンと言う。 クリスチャンとは「キリストのもの」である。 彼のものになることと、爪の先で信じたことは比較にならない。 そこには実がないのである。 難しい論理の様だが実に単純である。 だが、この単純が人間にとってエベレストに登る以上に大変なのである。 なぜ大変かと言うと、自分でエベレストに登ろう

最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2016 by Choufu Minami Crist Church . Proudly created with Wix.com

  • Facebook Social Icon