■内なる人、外なる人/第二コリント4:16~18

1994年5月29日、つまり25年前に調布南キリスト教会の牧師として招かれた日は、とても良いお天気だったことを思いだす。 その天気とは裏腹に私の内は霧深く先がまったく見えない思いだった。 折角望まれて招かれたけど、「持って二年、早けりゃ1年・・かな。」が私の正直な腹の内だった。 自分では望みもしなかったけど、イエスが私の手をひっぱり、背中を押された10年だった。 38歳で、どうしようかと迷い始め、44歳で神学校入学、49歳で卒業したが、確たる思いなど殆ど無かった。 もしかして無かったことが良かったのかも知れない、と今は思っている。 何もなければ、見えないイエスを手探りで求め、橋があろうと無かろうと信じて一歩を踏み出すしかない。 何ごとも体験、イエスを信じて今日を生きるしかない。 毎年のこと、自分の中で一年に一度思ったことは、五月の終わりの日曜日、この教会に「あれほど嫌で逃げ回った牧師職に足を突っ込んだ記念の日」ということだ。 「ああ、また一年持ったんだ・・」いや、イエスが持たしてくださったのだ。 今週26日の朝、教会がサプライズのお祝いをしてくれた。 家内共々、教会と共に喜び、感動の朝をいただいた。 今から先、先を思わず一日暮らし、一週暮らしの牧師生活を生かされよう。 それが一番!と、喜びを「内なる人」と共有した。 パウロが言った、「外なる人は衰えても内なる人は日々新しくされる。」 (第二コリント4:16)。 好きな言葉である。 おそらくパウロの視界には未だ入らなかった「外なる人」という存在。 ウォッチマン・ニーという先生は20世紀中ごろに中国で獄死(殉教)された。 中国共産党

ターゲット(target)/ピリピ3:12~14

パウロと私達とに類似点があるのだろうか、と考えたら多いにあるものだ、と知った。 例えばピリピ3:12節aにこう書いてある。 『私は既に得たのでもなく、既に完全にされたのでもない。』 きっと、あなたも同様であるだろう。 次に13節aにはこう書いてある。 『兄弟たちよ、私は、自分は既に捕えたなどと考えていません。』 やはりアーメンである。 では、パウロは何を捕えようとしているのか、それは「イエス・キリスト」そのお方である。 あの大使徒のパウロと私達にこれほどの共通点、類似点があろうとは・・・嬉しかった。 だが、これらの言葉の後に続く文章を読むと、かなりの相違点があることに愕然とした。 12節の後半、『私はただ、捕えようとして、追求しているのです。そして、それを得るようにとキリスト・イエスが私を捕えて下さったのです。』 彼自身、自分は既にイエス・キリストに捕えられたと告白した。 果たして現代クリスチャンの幾人がこういう言葉を吐けるのだろう。 13節の後半にはこうある。 『ただ、この一事に励んでいます。すなわち、後ろのものを忘れ、ひたむきに前のものに向かって進み・・・』 いかがだろう、出だしは多少の類似点があったにせよ、後半に入ると、パウロの背中も遠くなり、見えなくなるほどに引き離されてしまっているのだ。 さすが大使徒!などと感嘆している暇があったら、初めから自分の程度を知らなさ過ぎだったかも知れない。 パウロには「私はもうこれでよい。」などと踏ん反り返っている暇など微塵も無かった。 彼の視界がはっきり捕えたのは「イエス・キリスト」そのかたである。 まるで一発で打ち抜くべき標的、貴重な

■栄光からの脱出/ピリピ3:4~11

1960年、「栄光への脱出」という映画が作られたが、そのタイトルは物凄くインパクトがあり、多くの日本人は覚えておられるだろう。 私など映画は知らなくてもタイトルは知っている。 (と、いうことで早速DVDを注文した次第です。) 今週の礼拝メッセイジ・タイトルは「栄光からの脱出」である。 映画のタイトルとは意味内容が真逆となったわけである。。 使徒パウロは文字通り、この世の名誉、宝、地位、将来を、かなぐり捨て、この世の栄光から脱出すべくキリストの奴隷になった。 彼に於いては、しもべ以下の奴隷が良いと判断したのであろうが、すごい人だ! 何がパウロをそこまで指し向けたのか。 それは彼が別の偉大な宝を手にしたからである。 パウロが手にした宝は、この世の価値観では到底収まらないものである。 幾ら金を積んでも手に入らない。 幾ら努力しても手にすることなど出来ない。 実際、それを手にした人だけが・・・否、今日まで多くのクリスチャンが去来したが、パウロには届かないのだ。 当然、各言う私とて、とてもとても遠いものである。 慇懃という言葉がある、意味は礼儀正しく丁寧なという意味である。 だが、慇懃無礼となると、これまた真逆の意味になる。 つまり、「うわべは丁寧なようで、実は尊大である」。 仮に私が誰かに褒められたとする。 そして私は言うだろう、「いいえ、私など小さく貧しい者でしかありませんね。」 或る意味、自然であるように聞こえる。 だが、この言葉はこの世の価値観が中心となっている。 つまり、慇懃無礼になるのだ。 謙遜のようで、傲慢さを隠している。 仮に正直に言うとすれば、「私など何も満足に出来ない

■あなたはわたしを愛するか?/ヨハネ21:12~22

ガリラヤ湖の淵をゆっくり歩く弟子達、そして復活のイエス、どうイメージしても考えてもそれを画にするのは難しい。 よみがえりのイエスを画家はどう描く? 朝食後立ちあがり、歩き始めたイエスが思い出したかの様にシモンの顔を見て言われた。 「ヨハネの子、シモン。あなたはわたしをアガペーするか?」 ここではLOVEとか愛という言葉は相応しくない。 (無条件で無限に、わたしを愛するか、という意味合い。) シモンが答える、「主よ、私は私の可能な範囲で、あなたを愛します。」 それが彼の精一杯の返事だった。 (フィレオ―という言葉、自分の可能な範囲で、つまり条件付きなのである。) イエスが役人に捕えられる前、シモンはイエスに向かって言いきった。 「主よ、私は終生あなたと一緒にいます。仮に死ぬ時もあなたと一緒です。」 イエスはシモンの顔を見やりながら言われたものだ。 「シモン、あなたは三度、わたしを知らないと言う。」 「いいえ、とんでもないです主よ、他の者がどうあっても、私はあなたと死ぬまで一緒です。」 その言葉から6時間後、シモンはイエスを三度「俺は彼など知らない」と繰り返した。 今、シモンはイエスから問われている。 「シモンよ、どんなことが起ころうと、何が起ころうと、わたしを愛するか?」 イエスは二度、同じ様にシモンに問われた。 シモンは苦しかった。 (先生は私をご存じなのに・・) 三度目、イエスは問われた「シモンよ、あなたの出来得る範囲で、わたしを愛するか?」 シモンは同じように答えた後、後ろから歩いて来るヨハネを見やりながら言った。 「主よ、この人はどうですか?」 「シモン、あなたはわたしに

最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2016 by Choufu Minami Crist Church . Proudly created with Wix.com

  • Facebook Social Icon