■2018・最後の晩餐/ルカ22:14~24

年に一度のイースター(復活祭)。 クリスチャン、特に教会生活を送っている信徒にとって、これほど大きな力を与えられる時は無い。 でも、その三日前の木曜日夜の「最後の晩餐」は実に意義あるものだ。 イエスが遂に十字架の道へと歩を進めた第一段階であり、既に覚悟を決められた次元である。 イエスはご自身で、十字架に架かることを由とされていた。 誰のために? あなたのため、私のためである。 今、あなたが仮にクリスチャンでないとしても、イエスはあなたのために死んで下さった。 生涯、イエスを知らずに亡くなった人たちのためにもイエスは死なれた。 クリスチャン生活がスカスカの信徒のためにも彼は死なれた。 教会生活が遠い昔だけだった、という人のためにもイエスは死なれた。 イエスが大嫌いの人のためにも、イエスは死なれた。 イエスは「そういう死」を選ばれた。 そして十字架の上で断末魔の叫声を発せられた。 「完了した!」 そう、彼は完了されたのである。 しかし、完了されていなかったと、私はしばらくの間思っていた。 第一、イエスの教会は? 十字架刑のとき、弟子達のほとんどは逃げてしまった。 遂にイエスの教会は崩壊したのである。 三年の間、日夜イエスと共に旅し、不思議を体験し、決してイエスから離れなかった弟子達。 群れはどんどん増し加わり、名も知れない人々もイエスの後を追い、弟子達を世話する婦人たちも増えたのに。 先は何とも明るい見通しが開けていたのに。 やがてイスラエル中にイエスの教会員でいっぱいになるとさえ思ったであろうに。 あれはなんだったのか? 弟子達は弟子達でローマの圧政の下から、華々しく開放のラッパ

■本当に必要な方はイエスだけ/Ⅰコリント10:1~17

『昔、イスラエルは雲と海とで、モーセにつくバプテスマ(洗礼)を受け、みな同じ御霊の飲み物、みな同じ御霊の飲み物を飲んだ。その御霊はキリストであった。』 パウロが、この様に説明したのが第一コリント10章である。 だが、イスラエルは御霊の神ではなく、目に見える神々(偶像)を作り、食べては飲んで踊った。 人間とは、いとも簡単に自分の神々を作る生き物である。 そして人が魂と「肉だけの人生」で終わるのは悲しすぎる。 人間は宗教を求め、信仰を求めるという霊性つまり「隠れた本能」が有ると思う。 ゆえに心の拠り所を模索し、神の存在を空想するのであろう。 ただ食べて飲んで、快適な生活をして、身体を喜ばせるだけの人生では物足りない、やるせない、と考える。 それにしても雲と海という壮大なバプテスマを通りながら、人は偶像を作れるのだろうか。 そう、彼らは作ったのである。 では、クリスチャンなら偶像は作らないのか? 勿論、「金の子牛」は作らないだろう。 だが、御霊の神の如くに信頼してしまうものが、心惹かれるものが、支配されてしまうとしたら、それらはすべて偶像である。 偶像の恐ろしさは、私達人間に対して偶像のイメージを意識させず、人の内なる深い場所に鎮座しており、いつの間にか人を支配していることだ。 金の子牛は目に見えたが、本当の偶像は目に見えない。 「創造主が土地のチリで人を形づくり、その鼻に「いのちの息」を吹き込まれた。そして人は生きた者となった。」 創世記2:7 アニメでさえ表現しない様な、創造の過程を照れず、悪びれもせず、堂々と描く聖書とは、何とも凄い。 ましてや珍妙奇怪にさえ思える、そのストーリ

■対象外/マタイ15:21~28

或る日、イエスは地中海沿いを上ってツロとシドン(現在のレバノン)という海岸沿いの道を歩いておられた。 するとカナン人の女性がイエスを目ざとく見つけ、大声でイエスに叫んだものだ。 「主よ~、ダビデの子よ~、私を憐れんでください。娘がひどい悪霊に取りつかれているのです。」 イエスと弟子達、男ばかりの集団に向かって泣き叫んでついて来る女性、かなりの異様な景色ではあったが、女は諦めそうもなかった。 『先生~、あの女を帰してやってください。叫びながら後について来るのです。』見かねた弟子のひとりがイエスに申し出た。 するとイエスはその弟子に向かって言われた。 『わたしはイスラエルの家の滅びた羊以外のところに遣わされていません。』 彼女はイエスに無視されたのである。 イエスと弟子が顔を見合わせて何か話してはいるが、彼女がどこまで理解したかは分からない。 どうも自分のことらしいが、イエスは彼女の方を一向に見ようとさえ、されなかった。 だが、女はあきらめなかった。 やにわにイエスの前に走り出ると、がばと地に身を伏して四つん這いになってイエスを見上げて訴えた。 「主よ、私をお助け下さい!」 そう、彼女は自分の娘のとりなしを願い出ていた。 しかし、「娘を助けてください。」ではなく、「私を助けてください。」と言っている。 私達は学ぶべきだろう。 どこの親でもあっても、子どもや孫の命になると、自分の命より大事なものである。 親心とは、仮に瀕死の子が目の前にいたならば、自分の命と引き替えてでも助けて欲しいと思うであろう。 だから、彼女はイエスの顔を見つめて「私を助けてください。」と叫んだ。 遂にイエスは彼

■神の国は今どこに」マルコ4:26~33

「神の国は・・・」で始まるこの箇所、マルコ4章26節が好きである。 イエスはいろいろ言ってくださるが、いまいち掴みどころがない表現が神の国である。 でも、だからこそ好きである。 14年前、ある読者投稿記事が新聞に載った。 自殺志願の若い女性の体験記事だった。 彼女は一緒に死んでくれる相手と話が決まり、先方の支持した場所へタクシーを走らせた。 だが、運転手が地理に不慣れな為か、仕事についてからの浅い経験の為か、スムーズに走れない。 運転手はというと、実直で幾度も幾度も彼女に謝った。 信号で地図を確信し、ガソリンスタンドでは道を聞き、徒歩の人には道を尋ねた。 「すみません、地理に不慣れな者で・・」と謝るも、彼女にはどうでもよかった。 彼女の頭は死に行くことしかなかったから。 だが、真面目一方な運転手の言葉は、彼女にとって温かく感じられた。 ぶっきらぼうな運転手が多い中、「感じのいい人だな・・」とも思った。 どこまでも前向きな運転手と、後ろ向きの自分のギャップが堪らなかった。 ようやく車は目的地に着いた。「すみません、お客さん。とてもメーター通りのお金は貰えません、一万円でいいですから。」 彼女は言った「いいです、全部払います。」彼女が運転手に1万3千円を押し付けて歩き出した時、背中越に運転手の大きな声が聞こえた。 「すみません、お客さん!今度、地理を勉強しときます。」 胸が痛かった。 声をあげて泣きたかった。 今、私はこうして生きている。 相変わらず彼女も家の者も悩まされているが、生きていると。 最後にこう結んだ、「あの時の運転手さん、ありがとう」あの日、あの運転手に出会ったのは神

最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2016 by Choufu Minami Crist Church . Proudly created with Wix.com

  • Facebook Social Icon