Please reload

最新記事

■私の主、私の神/ヨハネ20:24~31

二年ぶりに早天礼拝をもたせていただいた。

1985年、当教会が集まりを始めた時期はイースターに近かい日だった。

そこで、近くの大きな公園の豊かな自然の中で、昇る朝陽に照らされながら集会の出発と、よみがえりのイエスを感謝して野外礼拝をしたと聞く。

それ以来、ずっと欠かさずイースターには先ず、早天礼拝を開催してきた。

 

世の中の教会には、毎日欠かさず半端なく早い朝に、早天礼拝を行う教会がある。

そういう教会に比べると、怠け者の朝寝坊牧師の私にとって、イースターの早天は微妙にきつかった。

またイースターには教会員全員参加の愛餐会がある。

ひとり必ず一品の料理持参ということもあり、「大変だ~」のしわ寄せを早天礼拝のせいにしてみた。

或る意味、とんでもない教会である。

礼拝よりも飯を優先するとは・・・

ま、気分転換にということもあり、昨年の早天は休んでみた。

 

ああ、その代償は何と重かったことか。

一年一度の早天に間に合わせるとしたら、朝陽が昇る前から身支度が必要である。

だが!その朝はいつもとは絶対に違うものがある。

言葉で表現できないワクワク感というか、腹の底からの喜びというか、或る意味寒気に通じる喜びの大波小波が押し寄せるのだ。

すべては主のよみがえりがもたらすものだったのであるのに。。。

それらすべてを覚えられる貴重な朝を、私は一年で一回だけのチャンスなのに、安易に逸してしまったのだ。

あれから一年、悔い改めて原点回帰したのが、2018イースターである。

 

遠い昔のあの朝、婦人達はイエスの御身体に香油を塗る為、暗いうちに墓に向かっている。

心配事はただ一つ、墓の口に置かれた大きな蓋石をどうやって転がそう、であった。

イースターの一番初めの朝は、悲しみと迷いと絶望に押し潰されそうなものだったのだ。

食事ではなかった。

だが、墓石は既に除けてあった。

中を覗いたがイエスのご遺体は見当たらない。

「どうして?」

そのとき、マグダラのマリヤは後ろからの声を聞いた。

「彼は此処におられない。彼はよみがえられたのです。」

何が何だかわからず、見当も理性も間に合わなかった。

恐ろしかった。

悲しかった。

泣けた。

そのとき、彼女の前に、誰かが立った。

「マリヤ・・・」と、呼ばれた。

彼女は返した、「ラボニ?」(先生?)

 

イースターがもたらした驚きと勝利と喜びの叫びは、以来2千年続いている。

イースターは人類にとって、何物をもってしても、変え難いものがある。

その価値を計る「ハカリ」などこの世に無い。

誰が神という方を量れよう。

 

イースターの意味と力を知らない人たちは地球上に多数おられる。

だが、すべての人類は知るだろう。

イースターがなければクリスマスはなかった。

キリストの教会も、讃美歌も新約聖書も無い。

クリスチャンなどまったく不在。

素晴らしい楽曲、小説、絵画と彫刻、思想、人生、挙げきれない財産は存在しなかった筈。

なぜそれらが今、世界にあるのか?

多くの人は知っている。

二千年という歴史の中で、人類が神の満ち溢れる恩恵と祝福があったのは、イースターという『主イエスのよみがえり』であったことを。

 

死よ、おまえの勝利はどこにあるのか。

死よ、おまえのとげはどこにあるのか。

 

 

Please reload

ソーシャルメディア
タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2016 by Choufu Minami Crist Church . Proudly created with Wix.com

  • Facebook Social Icon