■ リバイバルがやって来た / ヨハネの福音書4章35節 (2009-06-28)

2009年教会リバイバル集会が来た。 願いは幾つもある。教会員家族の救い、地域の人たちの救い、教会の人たちやクリスチャン達を核として考えた場合、取り巻く人間関係すべて。そして、この日本の救いである。どうしたらクリスチャン人口を1%以上に・・・否、10%に出来るだろう。 だが、私達に出来よう筈がない。 神さまがしてくださらねば。だから、そのために祈り、働くのだが・・ 教会スケジュールでは毎年一回の集会である。そこでついつい頭をひねってしまうのが、 講師つまりメッセンジャーの確保である。

講師にも色々な方々がおられる。個性もそれぞれである。 だが、神さまの送ってくださる器であるから、人間的な印象や色眼鏡では見ないことにした。と、思いつつも結果論としてはやはり感じるところは様々である。 「ちょっと地味だったかな」とか「猛烈すぎたかな」など実に多様であって、二人として同じ印象を残された方がいない。どの方も皆、神さまが用意された器なのである。

集まる会衆も様々である。家族であるクリスチャンの誰かに誘われたとか、案内を見て面白そう、興味を感じたからなど様々であるが、来られた方々には本当に感謝である。 私はふと32年前の自分を思い出した。 家内は既に4ヶ月ほどのクリスチャンとなっていた。 牧師の言葉もあり、「何が何でも家族を誘って来なさい。ましてや伴侶なら尚更である」とでも言われたのであろう。 実にしつこく誘われたことを思い出す。 しかし、自分から足を運んだのでもなく、嫌々を通り越した状態であったのだから、心など開ける筈がない。まことにチンプンカンプ、腹立たしい夜であった。 メッセンジャーには気の毒であったと、最近思う。

教会に救いを求めて来る人は少ない。 何かを期待したり、好奇心を持っている人もそこそこはいるだろう。しかし、救われたいと思う人は私の見るところ、先ずいない。当然である。 救いは救われて分かるものであり、その必要も救われて後に理解出来るからである。 天国が理解できることも同様である。聖霊がすべて理解させてくださるのだから、イエスさまを心にお迎えしないでは、すべて理解できないことだらけだ。

イエスさまは民に向かって会衆に向かって、根気良く丁寧に、そして分かりやすく福音を語られた。元々理解しにくい天国のことを、どう話したら民は理解できるだろう、と。 イエスさまは今も昔と同じ思い、同じ心で働いておられる。 教会を通して、信徒一人一人を通して、メッセンジャーを通して働いておられる。 そして、主は今日も忍耐と寛容の限りを尽くして、救われていない人たちの傍らに立ってくださる。 無神論者、心が開けない人たちの心のドアの前に立って叩いておられる。 だから、見えるところで判断せず、感じるところで判断せず、霊なる神の目線に従って祈って行かねばと思う。 「さあ、わたしの言うことを聞きなさい。目を上げて畑を見なさい。色づいて、刈り入れるばかりになっています。」ヨハネの福音書4:35B

最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2016 by Choufu Minami Crist Church . Proudly created with Wix.com

  • Facebook Social Icon