Please reload

最新記事

■原罪/創世記2:23~3:13

『見えるものは一時的であり、見えないものはいつまでも続く』

クリスチャンになって何十年も経って悟るのかもしれない。

上っ面で理解しようとも、深いところに落とすには、やはり年齢を重ねるのが意味があるかと思う。

失敗したり、他人を見て学んだり、葛藤の足跡を振り返って悟ったり、人生に横たわる時間の尊さをつくづく思い知らされる。

若い日には浅瀬で生き、年を重ねたら深みで生きるがよい、と思いつつ中々思った様には生きられないものだ。

確かに見えるものより、見えないものには限りない価値と意味が潜んでいる。

 

創世記、主がアダムに相応しい助け手を与えられた。

アダムはエバを見て感動し、多いに喜び叫ぶ。

そして創造主を賛美した。

『これこそ。今や、私の骨からの骨。私の肉からの肉。

これを女と名付けよう。』

アダムは人生の伴侶を得た。

ここに『結婚の定義』がある。

『男と女はその父母を離れ、二人は結び合い一体となる。』

これが結婚だ。

このとき、二人は裸であったが、恥ずかしいとは思わなかった。

人間は罪が無かったからだ。

 

やがて蛇が二人に忍び寄る。

蛇とて主の被造物である。

蛇は実に狡猾だった。

(但し、狡猾と賢いは違う。狡猾は悪賢い。こすい。賢いは才知、思慮、分別が際立っている。)

 

二人が食べてはいけない木は「善悪の知識の実」だった。

それは園の中でたった一本だけだった。

アダムとエバは、その木を見ても見過ごすことが出来た。

それは二人にとって余りに危険であったので、無視し続けられた。

それ自体、二人は主によって守られていることだった。

主が二人に与えた「唯一の決まりごと」がその木であった。

エデンの園は楽園だった。

自由を謳歌し、楽しみは尽きなかった。

主は時として「そよ風」のごとく、やって来られた。

生めよ、増えよ、地を満たせ、自然界は神の祝福に満ち、鳥も動物も生き物は殺し合いもせず、時間を楽しんだ。

被造物は楽園を楽しんだ。

 

蛇はアダムとエバに近寄って、声を掛けた。

「あなた方は園のどんな木からも食べてはならないといわれたのか。」

エバが答える、「いいえ、どの木の実を食べてもよいのです。ただ、中央の木だけは食べてはいけないのです。死ぬといけないから。」

蛇はじわじわと言い寄った。

言葉を微妙に変化させ、木の実に対して好奇心を植え込み、警戒心を解くために。

遂に女は実を凝視した。

蛇の勝利だった。

蛇は知っていた、実を見させさえすれば、女は手を伸ばす・・

 

そこで彼女が目をやると、それは「食べるによく」「目に慕わしく」「賢くする」という実はいかにも好ましかった。

「食べるによく」とは体が求めたくなるものであり、「目に慕わしい」とは麗しいと感じる感性がくすぐられたからだ。

「賢くする」とは、他者に依存せず、自己判断で生きることが可能となることだ。

後世、人間は常にこの三つに大きな魅力を感じる生き物であり、喉から手が出る対象となった。

 

女は一緒にいた夫にも与えたので、夫も食べた。

遂に人は、神の助けと援助、擁護も必要とせず、園で唯一、独立独歩で生きる被造物となった。

自分たちは裸であった、と気づいた二人は、イチジクの葉で腰のおおいを作った。

そよ風の吹くころ、彼らは園を歩き回られる神である主の声を聞くと、園の木の間に身を隠した。

彼らは自分の姿を恥ずかしいと意識し、神の眼から己を隠す者となった。

そして人は後世へと血をつなぐこととなる。

人は生まれて後、しばらくすると自分は自己本位な者であり、自己中心な生き物であることを意識する。

彼の中で「原罪」は暗躍し始め、心も体も原罪のDNAを充分に受け継いでいる。

怒りは敵を作り、心は罪に翻弄され、悩みは尽きない。

誰の血もすべて「神から離れた」ことが最大の問題であることを認めない。

この人類を救うのは、宗教ではない。

彼等が救われる道は、イエス・キリストの血潮だけである。

 

「わたしはお前と女との間に敵意を置く。

彼は、お前の頭を踏み砕き、青前は彼のかかとに噛みつく」創世記3:15

蛇に向かって語られた「敵意」とは、人間を救う存在であり、イエス・キリストである。

罪に対する敵意である。

イエスを信じて、キリストの血潮で、魂を洗い流していただく以外、人は救われない。

創世記の初めに於いて、主ははるか遠い未来に向かって「約束の稲光り」を示めされた。

その稲妻こそ、イエス・キリストご自身である。

 

BC750年、イザヤはメシヤの到来が近いことを語っている。

『見よ、処女が身ごもっている。そして、男の子を産み、その名をインマヌエルと名付ける。』

 

あなたは既にクリスチャンだろうか?

ではあなたは救われておられるだろうか?

あなたの救いはどうして成り立ったのだろう?

 

 

Please reload

ソーシャルメディア
タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2016 by Choufu Minami Crist Church . Proudly created with Wix.com

  • Facebook Social Icon